2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:病気 の記事リスト(エントリー順)

元気になって退院

kage

2017/03/21 (Tue)

今朝退院しました。
お聞きしてきたことを忘れないうちに。

エコーで胆嚢の周りだけに黒い影(液体)が写っていたことから、
やはり胆嚢壁にごく小さな穴が開き漏れたのではないかと。

時機をみて摘出という方向で。


今までの薬に
スパカール(40mg)1/4錠 一日2回 追加

食餌は 一日3~4回に均等に分けて与える。


入院中の小毬ちゃんは 
点滴もおりこうに、エリカラも必要なく済んだそうです。

170321kb3.jpg
 留置針の痕


最初絶食で、少しずつ口からも食べるようになったのですが
よほどひもじかったのか、薬もフードと一緒に
あの苦いフラジールさえパクパク食べてしまい、驚かれました。
(いや、パグならありえる話)


そんな小毬ちゃん、

帰宅後真っ先に向かった先は

かあさまの腕の中・・ではなく 

台所。


170321kb.jpg

そして・・食卓の、だんまりさんの席の下をウロウロ 探します


そこは

食べこぼしの確率が一番高いところ

いつも小毬ちゃんがしていることです

いつもの小毬ちゃんです!

安心しました




お昼に少しフードを食べさせて、

ちーをして

そしてまたいつもの場所に

170321kb2.jpg
 うむ


170321kb4.jpg
 もう ねんねするね


170321kb5.jpg
 ぐっすり寝ています。


もう苦しそうじゃない

よかった

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

明日退院です!

kage

2017/03/20 (Mon)

今朝先生から電話をいただき、元気でいる旨
昨夜はフードも食べられ嘔吐もなし とのこと

面会がてら昼前にお話をうかがいに。

診察台に連れてこられた小毬ちゃんは、あきらかに昨日とは違って
元気に体にも力が戻ってきて、帰りたさに(診察台を)飛び降りないかと心配するほどでした。



今朝の血液データから特記する値として、さらに大幅に上がったもの(左が18日)
ALT 236⇒948(基準値17~78)    
ALP 432⇒3399(基準値47~254)

リパーゼ 62⇒718(基準値10~160)


お腹の中のどこかに炎症が起きたことは間違いなく
黄疸が出ていないので胆嚢破裂の可能性は低い


とりあえず、痛みや不快感などは(見た目)なくなるまでに回復。
もう少し点滴をして明日退院。
通院+自宅療養に切り替えです。


ただ、胆嚢の状態は今もう手術適用と言え、
炎症が治まったら手術という方向でいきそうです。


だんまりさんともよく話し合いましたが

子宮断端部膿瘍(?)のオペには反対だっただんまりさんも
これに関しては「取ったほうがいい」



心配は尽きませんが、

とにかく
明日は小毬ちゃんが帰ってきます!


もう「遊ばない」とか「嗅がない」とか どうでもいいです
ここにこまりちゃんが居てくれれば



具合が悪くなる前日、夕方散歩から帰って玄関で待つこまりちゃん
170320kb.jpg
  足拭きまだ~?


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

点滴がんばってます

kage

2017/03/19 (Sun)

お昼頃面会をしてきました。

立ち上がってこちらに来て尻尾を振ってくれました。
うろうろと出してほしそうでした。

昨日の診察にはだんまりさんも
「たまにはわしも一緒に行くよ」
と付いていったのですが、
途中急患で呼び出され
皮下点滴中に一旦だんまりさんを家に戻し
またおおまりだけ病院へ。

そういえば のんのときにもそういうことがありましたっけ。

ですので、今日は 冷たいけれど
「もうあなたは家におりなさい」と言いましたが、
「面会にはどうしても行きたい!いやだいやだわしも連れて行ってくれ~」と。

近くに住む娘も心配して駆けつけてくれ、3人で行って来ました。
無事呼び出されることなく済みました。

帰ってきたらこまりちゃんとべったり過ごしたいので
仕事や他の用事をできるだけ済まそうとするのですが、なんだか落ち着かないです

夕方は急患続きで、小毬ちゃんがいないということで容赦なくおおまりも呼び出されて、
こんなことを言ってはいけませんが、気が紛れました。

夕飯も、テーブルの下でちょろちょろする小毬ちゃんがいないと まあつまらないこと

自宅での仕事も
仕事机のそばのベッドにはいつもいてくれた小毬ちゃんの姿がないと、寂しくてちっともはかどりません
でも頑張らないとね



思ったより元気そうだったので、先生にお断りして写真を撮らせてもらいました。

170319k2.jpg

もうすこし元気になって帰ろうね

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


入院しました

kage

2017/03/19 (Sun)

昨日様子をみていましたが、なかなかよくならず、
痛みか不快感のせいか震えあり呼吸も荒くなったことから夕方診察 

レントゲン、エコー 血液検査。
熱なし 胸水、腹水なし
肺、心臓はOK
消化管上部に腹膜炎。
炎症を示す血液データ

皮下点滴をしました。
抗生剤(キノロン系・ビクタス) と胃薬(ガスター)を注射


帰宅
夜~夜中に4回嘔吐
元気なし
腹部痛みからかずっとオスワリ様態から疲れてウトウト
ほとんど眠れず



今朝再診
 
エコーから、腹膜炎がひどくなっていて
胆泥症(ウルソで加療中)が「胆嚢粘液嚢腫」 状態

胆嚢内のかたまりが壁を突き破ってもれて腹膜炎おこした可能性あり
もしくは膵炎の疑い

皮下点滴で自宅に帰るよりも静脈点滴で留置して持続的にやったほうが回復がはやいとのことで
入院しました。

胆嚢粘液嚢腫に関しては今後の方針等また考えていかねば。

お昼頃だんまりさんも一緒に面会してきます。

今朝のこまりちゃん
171319k.jpg



最後の嘔吐後すこしは気分がよくなったのか、朝方はたらだを伸ばして寝られました
その寝起きです

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

元気でありがとう

kage

2017/01/25 (Wed)

小毬ちゃんは とても元気なんです。



蛋白漏出性腸症 でありますが, 
食欲旺盛、下痢も嘔吐もなく 




断端部膿瘍(?) に関しても 
腟から膿が出てはきますが、熱が出たり全身状態が悪くなることもない。


毛艶もいいし
いったいどこが病気なの? と 言われます。



ほんとに 同じ病気と闘っている、苦しんでいるわんちゃんたちには申し訳ないくらいなのです。


だから

なんで薬飲んでるんだろう  なんて・・

あ、でも今は薬のおかげで元気なのか



元気に見えるこまりちゃんだけど、
血液データやエコーでは異常があるのです。
表には出ないけど、体は無理をしているのかもしれないね。
いつか症状は出てくるかもしれないね。


でも 今日も元気に過ごせました。





かあさま ? 
ご用時なの?



ごめんね まだちょっとお仕事があるんだよ




170125k2.jpg
じゃ いいや



170125k3.jpg
とうさまを 待とう
とうさまが帰ってきたら お夕飯
楽しい お夕飯
わたしも お相伴!



小毬ちゃんの
今日の元気がなによりありがたいです。


↓どうぞ ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村