2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

ノーリアクションだけど

kage

2015/02/28 (Sat)

ボール

150228blog.jpg



初めて出会ったボール 



「小毬ちゃん、 ボールだよ。 ちょっと大きいよ 楽しいよぉ♪」


150228blog2.jpg







150228blog5.jpg







150228blog6.jpg








この頃・・記事はこちら ⇒ 「遊びませんな~」 と 変わらずな 小毬ちゃんですが





変わらず に





150228blog4.jpg
人が大好き!
 


なによりうれしい  ありがたい。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

小出しのテクニック

kage

2015/02/27 (Fri)

昨日の 爪休め が過ぎたのか、
お腹まで休めすぎちゃって とうとう一日ウンチをせず
夜中にごそごそしていた小毬ちゃんです。

150227blog2.jpg


それで 思い出しました。

来たばかりのころ、小毬ちゃんは やたら夜中にウンチをしました。
一晩に 3回 4回 と ・・記憶では最高6回・・ 普通にコロコロと良いウンチをしました。


そんな習慣の子なのか  「やれやれ、これは困ったぞ!」  と思っていました。

150227blog.jpg



真夜中に 「出ました、出ました!」 と知らせるように クルクルと駆けまわるのを、放ってはおけません。

起きて片付けをする私のそばにくっつき、
お尻の世話をすると満足そうに眠り、数時間後にまた というふうでした。


その頃はまだ一緒には寝ておらず、部屋を柵で区切ったりしていましたから、
ウンチをすれば起きてきて お尻の世話をしてくれるのがうれしかったのでしょうか。

この人はいったいどんな人なのか わたしに何をしてくれるのか 不安もいっぱい。

何をすれば人間がどう動くのか、 見極めようとしていたのでしょう。


150227blog3.jpg



私たちは室内犬に慣れておらず、 
お恥ずかしい話、 やれシッコだ  わー、今度はうんこだ  と 大騒ぎしていました。

かしこい小毬ちゃんは、何が一番効果的かすぐに気がついたのでしょう。


ほどなく
夜中にすることもなくなり、 トイレシートも覚えてくれた本当にかしこい小毬ちゃん。



あれは小毬ちゃんの 体をめいっぱい使っての 駆け引き。

小さい頭で うんう~ん、と考えて、 出てきた答えが まさにウンチだったのではないでしょうか。



なぜシッコでなかったのかは謎ですが。



今でも ときたま
私たちが出かけようとすると おもむろにトイレに向かい、

「あれ、こんなん出ましたけど?  わたし置いて行っちゃっていいんですかぁ? 」 と。


テクニックは健在です!




それにしても よく弾があったものです。




150227 un2

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

爪休め

kage

2015/02/26 (Thu)

小毬ちゃんはちょっと歩き方に癖があるようで、
まるで研いだように 鋭く爪の甲側が削れます。

tume0226.jpg

前足の中2本ずつですが、来た当初は後ろ足までこのようでした。


小毬ちゃんには 体力をつけたい、足も鍛えたい の一心で、
できるだけ歩いて、時には早足でと思うのですが、

うっかりすると このように・・・
150226blog2.jpg

昨日の朝の散歩で、 出血してしまいました。



表面の軽いすり傷ですので、消毒しただけですぐ血も止まり、夕方の散歩ものんびり行けました。

そして今日の雨は よい 爪休め となりました。



安静中。
150226blog3.jpg
  母さま、  わたしは 父さまと一所懸命歩いたんですよ



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

懐かしの黒マスク

kage

2015/02/24 (Tue)

土曜日には
ご近所の生後4ヶ月になる柴犬 マリちゃん を訪問しました。

150224mari.jpg


昨春 先代マリちゃんを亡くし、また柴を探していると聞き、
知り合いの コロスケさん・・・ブログ 「姫柴な毎日」 を 紹介。
真っ先に駆け寄ってきたという とても元気な雌を迎えられました。
 


「黒マスク」が残っています。

柴犬の口周りの黒い毛を 「黒マスク」 と呼びます。

これは、生後数ヶ月だけ見られ
15 kuromask
(小学生だった娘に抱かれる のん 生後約50日)


どんなに真っ黒でも、このように一歳過ぎにはきれいに消失してしまいます。
150223non2.jpg

柴犬特有です。





パグさんも顔の中心が黒いです。
年とともに薄くはなりますが、柴のそれとはまた違ったもののようですね。


shiba mari
遊びたくてしょうがないマリちゃん と 淡々と受け流す小毬ちゃん


小毬ちゃんは今でも相当黒いですが、仔犬の頃はもっと真っ黒だったのでしょうか。



帰り道では ボン君 に会いました。
150224bon.jpg
立派な成犬、柴雄です。


ボン君の先代犬 ボーナス君 は のん の仲良しでした。

のん の仔犬のころを 懐かしんだ一日でした。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


我が家のマスティフ

kage

2015/02/23 (Mon)

昨日 JKC の ショー に出かける前に

だんまりさんが、豆知識を授けてくれました。


犬種は、生存目的や形態・用途によって10のグループに分類されています。⇒ ジャパン ケネル クラブ HPより
 
パグは JKCでは愛玩犬(コンパニオン&トイ) ですが ⇒9G愛玩犬

AKC(アメリカ)では 起源がマスティフなことから コンパニオン&トイ からははずされているのですって。


確かに ⇒ こちら の画像を見ると、なるほど、ちっちゃいマスティフともいえますね。





さてさて、
我が家のマスティフ こまりちゃんは・・



apan awaiko han  ショー  (別名Japan Komari Chan ショー です)   とっても可愛いグループ

150223blog.jpg





もちろん


優勝!   です

150223blog2.jpg

ああ、可愛い (*´Д`*)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

美しい犬

kage

2015/02/22 (Sun)

FCIインターナショナルドッグショーへ行って来ました。
FCI 1


ちょっと出遅れたため 残念ながらおおかたの審査は(パグさんも)終わっていましたが、

場外で 優雅に歩く ボルゾイ サルーキ アフガンハウンド

どっしりした大型犬
FCI 6
(セントバーナード 首にはちゃんと救助用の樽を下げていました。 ブランデー入っているのかな?)

日ごろはお目にかかれない珍しい犬たち 


プードルさんも 伝統の コンチネンタルクリップで♪
FCI 5


ずらりと並んだケージやトリミング台 

出番前、くし入れや被毛の手入れチェックに余念がない出陳者 
FCI 3


正装したハンドラーさんたち


そんな日常とはちょっと離れた世界を楽しみました。





家(日常)に戻り

一家庭犬の飼い主として思うこと。



美しさを競う競技ですが、その土台は健康です。

美しい被毛 骨格 構成 は健康であってこそのもの。  歩様や歯 の審査もあります。 


ショーで入賞した犬は多くの子孫を残します。

ブリードの段階で避けられる病気もあります。
近年では遺伝子検査なども行われ、単に経験に基づくだけでなく、医学、科学的な知識も
取り入れられています。

研鑽を積み努力しているブリーダーさんたちがたくさんいます。

犬種の特性は保ったまま・・・

パグにおいてもその愛らしさやユニークな性格も 損なわずに
FCI 4

病気を発現させないブリード。

家庭犬にとってもなによりの幸せだと思うのです。


後の世代に健康な良い犬を残していくためにこそ
このようなショーも行われ、発展していくとよいな と思います。





ちょっとえらそうなこと書きました。




しかし
グレートデンは大きかったなぁ
FCI 7


小毬ちゃんはどう思ったかしら?

お馬さん?
 
あ、小毬ちゃんは お馬さんも見たことないね~
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

シャンプーはお好き?

kage

2015/02/20 (Fri)

こんにちは、こまりです。

洗われました。

150220blog2.jpg

疲れました。


母さまも疲れたそうです。


なにしろ、のん姉さまは年に一回洗うかどうか。

だから 母さまは犬を洗うことに慣れていないんですって。


のん姉さまは 年に一度でも ちっとも臭くなかったそうです。
そんな のん姉さまのシャンプー話はこちら⇒「さぞ 臭かろう」



わたしだって・・・

150220blog.jpg



臭くないでしょ?




150220blog3.jpg



慣れないことは無理にしなくていいと思います。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



たいてい すべる

kage

2015/02/19 (Thu)

こんばんは、こまりです。

一見普通に歩いてるわたしですが
150219aruku.jpg


 
家のフローリングや玄関のタイルで、  


また、病院などでも
150219blog2.jpg

つるっつる 滑ってしまいます。


獣医さんいわく、
後ろ足の筋肉がないそうです。




母さまが、 
部屋にはコルク のん姉さまのときから使っています)

廊下にも いろいろ敷いてくれました。


150219rouka.jpg




厳しくもある母さま。

「足を鍛えるのです!」  と

今日も こうして寒空の下  鍛錬 鍛錬!
150219blog.jpg



父さまは
「こまりちゃんは、たいていの床ですべるものねぇ、よしよし」

とか言うだけで 特に何もしてくれません。




どうも、おおまりです。
たいていは いいことを言うだんまりさん ⇒ 2/17、 2/18 ですが
この発言はびみょー。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



↓追記 に 覚えとして 診療記録を。

それは犬の話

kage

2015/02/18 (Wed)

昨日の記事 で いいことを言った だんまりさんの、 またまたいい話・・?



ある日のこと、
「人気犬種2014は 一位トイプードル、 2位はチワワちゃんだそうですよ。」(おおまり)


150218blog3.jpg
 プードルさん、おめでとう!


それを聞いた だんまりさん、


それは犬の話 だろ」



え?




「パグはパグ。 独立した生き物だ!」




150218blog4.jpg








そんなだんまりさんと小毬ちゃんの ほのぼのした日常をご覧ください。



台があると 

150218blog b

つい 乗せたくなる 人間 









150218blog2.jpg
困惑する  パグ




だんまりさん、
同感ですよ
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

期限なし

kage

2015/02/17 (Tue)

昨日の記事 に関連してですが、

お家でのナイショ楽しみはおおいにけっこうですが 
対外的には しつけがまるでなっていなくては さすがにまずいと思うのであります。


150217blog.jpg


飼い犬のたしなみとして
マテ コイ ・・ 付け 
あたり ができたらいいな。

そして
マテ、コイの 前段階として オスワリ フセ がある


ということで、

我が家へやって来た小毬ちゃんにも  是非それらを覚えてもらいたい と 思いました。




が、 そうそう簡単にできるものではありません。


やっきになるおおまりに だんまりさんは

「9歳までにはできるんじゃない?」 

そのとき小毬ちゃんは8歳になったばかりでした。

「まずはオスワリ。 で、次は 10歳でいいじゃない」


おお、  今 だんまりさんが いいこと言った! です。



そうです。  あせることはないのです。 




それから ほどなくして 

オスワリは、食べ物があれば勝手にするようになり

マテ の意味もわかっているようで この通り

散歩から帰ってきました
げんかん



げんかん2




マテ! (今小毬ちゃんは聞こえないので、大げさな身振りで)




げんかん3


待っています。
おおまりが見えなくなっても ちゃんと待っています。


必要なときには ちゃんとやってくれる  出来る子・・・ です!



最近では 「餌を前にしての マテ は 単なる意地悪に過ぎない」 という説もあるらしく、
それはよい、それはいいことを聞いた と
早速取り入れた おおまりです。




もう、
期限なし で いいよね 
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



センセイには内緒

kage

2015/02/16 (Mon)

獣医さんの待合で 犬談義。

最初は 「何歳ですか」 などと軽い話をするうちに、


もう何代目かの犬だという柴ちゃんを連れた年配の男性が、照れくさそうに
 「これとね、一緒に寝ているんですよ」

 「あ、ウチもですよ~!」


2頭めだという ゴールデンの飼い主さんは
 「しつけもねー、最初の子はそれこそ厳しくしたんですけどね この子は  マテ だの フセ も いいかげんになっちゃって、 もう、すぐに  いいよ~  なんて」 

 「そうそう、人間の食べ物もついやっちゃいます~」

 「人間でも下の子には甘くなるっていうか・・ね。」




そんな話をしているうちに順に呼ばれていくのですが・・・




・・・・・センセイには 絶対内緒   ですね。





小毬ちゃん、

母さんに ナイショの楽しみをくれて、ありがとう!


150214布団




150214布団最高
  人間の布団 最高!




みんなお大事にね!
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

半生

kage

2015/02/15 (Sun)

4月で我が家に来て2年、 6月には 小毬ちゃんは10歳になります。

150215blog.jpg



だんまりさんと話します。


アッという間に10歳になっちゃうねー

小毬ちゃんは何歳まで生きてくれるかなぁ 


150215blog3.jpg




家に来たとき  7歳と10ヶ月

それまでが半生ってことで、 あと 同じだけは無理かなー


150215blog5.jpg





それまでの半分より もっともとっと ずっとずっと

小毬ちゃんにとって いいことがありますように 



150215blog4.jpg




一日 一日、  一瞬 一瞬。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

ふんどしの日

kage

2015/02/14 (Sat)

こんにちは、こまりです.

今日は ふんどしの日 ですって。

そのふんどしの日に ちょっと告白


実は
わたしは お家では ふんどし・・・


ではなく


オムツをしていることが多いです。

15-2omutu.jpg



おしっこがちょっと漏れちゃうの。


いつもいつもではないけれど、
おしっこをした後ちょっと残った分があったり、
張り切ったり、ストレッチしてお腹に力がかかっちゃうと、 出てしまいます。
寝ているときに出ることもあります。 
母さまいわく「小さじ一杯くらいなんだけどね~ 」


わたしは
「ていおうせっかい」 というのを7回もしてるので、 そのせいかもしれないけれど、そのせいでないかもしれません。

そのわけも、オムツをされることも、 わたしが気にしていないので いいそうです。

おしっこは、
できるだけシートに ジャー と気持ちよくできるように、
母さまがタイミングを見てはずしてくれます。

おむつをしていてもちゃんとシートのところに行くので、
えらいもんだな~ と とても褒められます。

留守中のウンチもちゃんと外に出るよう、お尻部分の穴の工夫してもくれました。
15-2omutu2.jpg



だけど母さま、
散歩に行くときは、はずすのを忘れないようにしないとね。

それから、
こんどどこかにおじゃまするときには、かっこいいパンツを買ってください。
15-2omutu3.jpg



ちなみに オムツの日 は6月2日だそうです。
それまで待てないわたしの告白でした。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

ドキドキドライブ

kage

2015/02/13 (Fri)

こんばんは、こまりです。

おとといのことです。 

車に乗りました。

ドキドキしました。


「今日も じゅういさん 行くの?」

150211kuruma.jpg


父さまのご用事でした。

終わるまで、母さまと待っていました。



「小毬ちゃんが運転手さんをしたがるので」 (母さま)
という理由で、わたしは ここ、うしろの床です。
150211kuruma2.jpg


付き添いがいれば シートにのせてもらえます。

150212blog3.jpg


父さまの ご用事が終わり  
帰り道はシートを下ろして父さまと一緒に。


家に着きました。

じゅういさん、なかったね~

ホッとしました。



どうも、おおまりです。
このところ車というと獣医さん が続きましたので・・
小毬ちゃんが 車嫌いになりませんように。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

 

おっちゃんのくしゃみは大きい

kage

2015/02/12 (Thu)

今年も そろそろ花粉症の季節。
  
おっちゃんのくしゃみって大きいですね。

うちのだんまりさんも例外でなく、くしゃみ、大きいです。 そして大抵2回連続でする。

びっくりして ちょっと迷惑です。


それがね、
小毬ちゃんの耳が聞こえなくなって(記事は→こちら) 数日たったころ


15kusyami.jpg
 つまらなそうに あくびする こまりちゃん


だんまりさんのくしゃみに ビックリしたんですよ!


15kusyami2.jpg
 ん?


おお!!


うれしかったですよ~
 
そのとき初めて
おっちゃんの おっきなくしゃみ ありがたいと思いました。


今ではおおまりの
お上品なくしゃみも聞こえてきている小毬ちゃんです。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

妄想の マイクロチップ不要論

kage

2015/02/11 (Wed)

今 私おおまりが読み進めている本「犬も平気でうそをつく」に 犬の鼻について興味深いことが。


犬の鼻の畝(しわ)の模様と鼻孔の輪郭で構成される「鼻紋」
人間の指紋のようなもので、一つとして同じものはない。
そのため世界各地のケンネルクラブで固体を証明する確実な手段とみなされている。
行方不明になった犬を見つけるてがかりとするケンネルもある



おおまりは 考えました。


これは、 
マイクロチップの代わりになるのではないだろうか。


採取、読み取り、照合は 難しいのでしょうか?

犬の体の負担は少ないように思いますが どうでしょうね。


「鼻紋」の取りかたは
鼻の水気を取り、食品着色剤を鼻にこすりつけ、 数秒間なめさせないように して紙切れを鼻にあて、 鼻の両脇にも 紙を押し付ける。



 
150211blog2.jpg
あらら・・




畜犬登録票に 可愛い小毬ちゃんの鼻紋がついていいて

いろんな場所で鼻紋認証システムが導入されて
獣医さんの受付でお鼻をプチっとつけると「ようこそ小毬ちゃん!」とか

なんて楽しいんだろう!

採取の着色剤は お好きな色で♪

鼻紋鑑定だとか 開運鼻紋判子作ります なんてあやしい商売もできたりして・・



妄想止まらず  
にやにやしてしまう おおまりです。




うまくとれるまでに、「パグ汁ブッシャー!」 を我慢できるか 
150211blog.jpg


それと・・「鼻の両脇にも紙を押し付ける」


うーむ


このまっ平らな横顔、埋まった鼻では顔紋採取になってしまいますな。
150211blog3.jpg



なんて要らぬ心配もまた楽しい。



マイクロチップうんぬんというより
そう、楽しいなっておもっただけです。 スミマセン
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


小毬ちゃんは喜ばない

kage

2015/02/10 (Tue)

クリスマス少し前 、この地方にしては珍しくたくさん雪がふりました。

雪国出身のおおまり。 
降り始めの雪の匂いが懐かしく
小毬ちゃんを連れて朝の散歩に出かけました。

 
小毬ちゃんは もちろん 雪は初めてのはず! 
犬なのだから 喜び駆け回る ・・・ はず。  犬なのだから!


公園に着き、


小毬ちゃん、ほら雪だよ~ ♪

背中を押しました

15yuki.jpg


が、 

小毬ちゃんは 驚き すぐに クルリと 引き返し



15yuki3.jpg
  もう・・!


 


15yuki2.jpg
  母さま、なにをするですか・・・




「いったい なんでこんな目に合わなければならぬのか」 と、

こまりちゃんのこまり顔がもっとこまり(困り)顔になってしまいました。




帰りの坂道ではツルツル滑って さらに怖い思いをさせてしまいました。




小毬ちゃんは雪にはてんで興味がなく、

喜び駆け回る どころか 寒くて怖いだけだった雪の日の散歩。


浮かない顔の小毬ちゃんは イケマセン。

雪の日の散歩はもうしません。



多分。




各地に
雪の被害が出ませんように
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



全身全霊

kage

2015/02/09 (Mon)

2/5 「なぜその病院へ行ったか」 の続きです。


家での耳掃除点耳薬 外耳炎の治療も順調に進み、

正月休みも明け、 近所の医院にもどっての診察。
外耳の炎症は引いており、診察台で小毬も落ち着いていました。
部屋を暗くし 医師は少し後ろに離れ、二本の鉗子をチン! と合わせました。
その音に小毬は 振り向きました!

かなり耳が遠いといった状況ですが、当初よりは聞こえてきているようです。

両耳がいきなり聞こえなくなるということは、脳や神経(感音器官)のトラブルの可能性がありますが、
小毬の場合そもそも、家に来たときにすでに片耳が聞こえていなかった可能性もあります。
それまで掃除なんてしたこともなかった耳。
かなり外耳炎をこじらせたあとがあり、 治療にもしばらくかかりました。

そして、他には(一見)変わった様子のない小毬をみて、原因はわからないけれど、今後の異変には注意しながらいきましょう ということになりました。


 
聞こえない以外に病的な変化はありませんでしたが、 聞こえないことによる影響はありました。

急な変化に あれ? なんか変だな どうすればいいのかな と不安だったのでしょう。
数日は おどおどした顔つきで、少し元気がないようにもみえました。
母の姿が見えないことが不安で後追いが増えました。トイレなどでちょっと部屋を出ようすると怒ったように泣くことも。


以前は
150209blog.jpg
(2014年1月父撮影)
母の帰宅、 車の音に 窓に駆け寄る。
キュンキュン鳴く声がガレージまで聞こえました。 大はしゃぎで、くるくる回りながら迎えてくれました。
こんな姿が見られなくなりました。
逆に、帰宅ではなく外出時に悲しそうに鳴くのです。 


しかし
犬というのは人間よりずっと置かれた状況に適応が早いようです。

人間のように 「これからどうなるの?」 と憂えたり
いつまでも 「なんでこうなっちゃったんだろう」 とくよくよしたり
「他犬とくらべてわたしはだめだめだぁ」 などと落ち込むこともない。

早々に 残された感覚機能 目鼻などをフルに活用することへ切り替え、淡々としたものです。


150209blog2.jpg


小毬ちゃんは、今日も 元気いっぱい、台所の母の様子をうかがい、 動きを眼で追い 鼻を利かせて
全身全霊をかたむけて 常に食べ物にありつこうとしています。


年末からの耳の話の顛末はこれまで。
まつわるエピソードなどは思いついたときに また書きます。


こまりです。
美味しいものには アンテナ張って
出遅れてなるまじ! ですよ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

さすがでぎょざいました

kage

2015/02/08 (Sun)

昨夕 行ってきたのは こちら。

sakanakun.jpg



身近な魚、水に住む生き物を例に取り その生態から生態系での役割などを面白くわかりやすく説明。
人間の生活とのかかわりにも触れ 生態系のバランスを保つことの重要さ、自然を守ることの大切さについて
さかなクンならではの視点、語り口で、 楽しくかつ勉強になりました。


驚いたのは ものすごい速さで魚の絵を描きながら、よどみなくしゃべるしゃべる!
アドリブも効き、身振り手振りも。 まー、じっとしていない!


クイズ正解者には その日の講演中に描いた貴重な絵のプレゼント!
おおまりは、早押しならぬ早挙手に敗れ、残念ながらゲットできませんでしたぁ


最後に さかなクンからのお願い
1 お風呂のお湯は冷めてから流そう
2 食べ物を大切に
3 無駄遣いをしない 節約(エネルギーなど)

特におお! と思ったのは1番目。
1度でも水温が上がると、魚の産卵に影響が出るそうですよ。


あっという間の一時間、すばらしい講演、

さすがで ぎょ ざいました~


150208blog2.jpg
川には興味がなさそうな小毬ちゃんですが・・・


150208blog.jpg
自然を守ろうね!



家に帰ると
 
だんまりさんは また急な仕事が入ってでかけちゃったみたいで
小毬ちゃん一人で待っていましたよ。


150208blog3.jpg
ちょっと寂しかったけど、父さまから ごはんはもらえたから大丈夫ですよ


こまりちゃんも だんまりさんも 出かけさせてくれて ありがとう!
かあさん、また頑張るよ!
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

ぎょぎょぎょ~っ

kage

2015/02/07 (Sat)

夕方から おおまりは珍しく出かけます。


なかなか新しい写真を撮っていなくて、ブログも前の写真を使うことが多いです。

以前の写真を見ていると、いろいろと思い出します。

家に来た日
身一つで来たこまりちゃん。

リードもなにもなかったので
はだかんぼう抱っこで近所のお店ででハーネス購入
早速着けて帰ってきたところ

150207blog2.jpg


繁殖所から出て 預かりさん宅にはたった一泊、シャンプーや健康診断もしてお隣の県から。

さぞかしハードだったろうなー いきなりびっくりすることだらけで 不安だったろうなー


でも
上手に付いて歩いて

150207blog.jpg
トコトコ家に入ってきたね。




おおまりは今晩 さかなクン の講演会に行ってきます。

小毬ちゃんはだんまりさんとお留守番。
膀胱炎も早くも薬の効果か、かなり落ち着いているみたい。


講演会の様子は不精なおおまりのことですのでブログUPはあるかどうか。
だって さかなクン、おもしろいに決まってる でしょう。



できるだけ早く帰ってくるからね!
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

なかなか縁が切れません

kage

2015/02/06 (Fri)

小毬ちゃんには、 いろんな 「えん」 がございます。

一昨年秋には肛門嚢炎 けっこう長引きました。 
昨年夏には 結膜炎  点眼も上手にできました。 なにしろ目が出ているから、これからも気をつけないと。
外耳炎 も 常に用心ていないといけません。

で、
なかなかしつこいのが 膀胱炎
昨夏より頻繁になってしまいます。
 
昨夜から様子を見ていましたが 、血尿、頻尿がひどくなってしまったので
今夕、獣医さんへ行ってきました。


昼寝の毛布に乗ってきたので


150206blog.jpg


もしもし、ちょっと可愛い お顔を見せてくださいな


150206blog2.jpg


・・・迷惑そうな顔をされました。

ごめんごめん、 ゆっくり休んで
早くすっきりするといいね。



薬は 
カステラなどに包んで飲ませています。
ダミーの団子を作ってチラつかせれば、慌てて 「次もください!」  と薬入りを飲み込んでしまいますヨ。

今日の夜から ビクタスSS錠20mg一日一回服用です。


病院へ持参する 尿採取3点セット はこれ。
検尿
食品トレイ と シリンジ(針ははずして使います) スピッツ





早く縁を切りたいものです。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

なぜその病院へ行ったか

kage

2015/02/05 (Thu)

立春を過ぎて 風邪は冷たいけれど 日差しが明るくなりました。
150205blog.jpg

2/3の記事 の続きです。


小毬がそのとき診察を受けた病院は、かかりつけではなく、初診でした。
複数の医師がおり、MRIやCTがあり、年中無休というところ。

MRIやCTの検査は、
よほどの緊急性、必要性がなければ、短時間であっても全身麻酔下というリスクを負ってまでする必要がない、と、診察を受ける前から、私たちの中ではほぼ決まっていました。

それならなぜその病院に行ったか。

第一は 運悪く担当医が長期休暇であったこと。

近所の評判も聞きました。

私たちが求めたのは、
検査設備もさることながら、
そのように熱心にやっているところならば、豊富な症例 経験からの診断をし、
よい方針がたてられるのではないか 、ということ でした。

院長の簡単な問診のあと、脳神経に詳しいという若い医師が担当として当てられました。
その医師は あくまで、MRI、CTを推奨。
原因をはっきりつきとめばければ治療に進むことは出来ない という立場で、それはごもっともです。

それでも、飼い主の私たちは、今の時点でそこまでの必要はない と、
リスクと秤にかけて決断をしたのです。


もうひとつ、

先代犬 のん を 2013年3月に
前庭疾患様症状を呈し 他の脳疾患かどうか確定診断なしのまま亡くしています。
くわしいことは → ブログ 「今日の親ばか様」
2年前、丁度この時期に体調を崩しました。
かかりつけ医が休みの日にばかり倒れ そのたびに 翌日には不思議と(一見)自力で回復。
高齢であること、また慣れた獣医以外の診察はとんでもないストレスということで、しばらく受診せぬまま様子をみました。
後悔とは違いますが、すぐさま受診していたらなにか変わっていただろうか と ちょっとひっかかるのです。
 (これも 選択肢 ですね。)

小毬ちゃんは、まだ若いです。
とにかく早めの受診が必要と思いました。



次は 外耳炎の治療など その後の経過を。



予報では雪マークがついていましたが、

こまりちゃん地方には雪は降りませんでした。
150205blog2.jpg



医師の勧めを断るのは勇気が要りますね。
だんまりさんは 「飼い主がいいって言ってるんだからいいじゃんねー」と割と平気みたいですが。

飼い主って、できれば 「大丈夫」って言ってほしい。
安心させてほしいもの。勝手ですけどね。

小毬ちゃんの前で飼い主が不安がっていてはいけませんね。
小毬ちゃんは飼い主がいつも笑顔でいてほしい。

「大丈夫だよ! こまりちゃん」
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


おねむ の こまりちゃん

kage

2015/02/04 (Wed)

小毬ちゃんとは 最初は別の部屋に寝ていましたが、
 
今は
普段小毬ちゃんが過ごす居間に おおまりの布団を運び 寝ています。

布団を敷いているときは そ知らぬふりをしている 小毬ちゃんが



いつの間にか
150203blog.jpg
布団の上にやってきて




だんだん
150203blog3.jpg




おねむになって
150203blog4.jpg






150203blog2.jpg

横から そっと布団に入る おおまりです。




一緒に寝ているひとあるある

「寝不足になりがち」



でも しあわせ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

犬の聴力検査は難しい

kage

2015/02/03 (Tue)

「なぜ聞こえないと思ったか」 の続きです。


犬の場合、
聞こえているか否かは何とかわかっても、 人間のようにどのレベルまでかを調べる・・ヘッドホンをして 聞こえたらボタンを押す 方式の詳しい聴力検査はまずできません。




一通りの話を聞いた後
獣医師は
全身状態 ふらつき、体や頚の傾きなどを観察。
部屋を暗くし ライトを当て、目が見えているかどうか、目の動きはどうか(眼振はないか)を診て、、
いずれも異常はなさそうとのこと。

最後に 後ろから パチン! と指を鳴らしてみましたが、小毬は緊張もあるのか落ち着きなく診察台の臭いをしきりに嗅いだりして、その音には反応しませんでした。


150127blog3.jpg



耳の中を覗いたところ
外耳炎を起こしており 腫れで鼓膜が見えにくい状態 と。 

まずは外耳炎の治療をすることになりました。

外耳炎の治療をし、早々に聞こえてくればよいが 

中耳 内耳、 脳神経などに異常がある可能性はゼロではないので、
早いうちでの詳しい検査MRI,CTを勧められました。






帰宅後


だんまりさんは  

「聴力検査だけどさ、 こまりちゃんならできるんじゃないか? おりこうだから

真顔で そんなことを。


「ええ~~?? いくらなんでも 」 と 言いはしましたが

いや、ひょっとして・・



ヘッドホンをつけ、見事にボタンを押す小毬ちゃん を想像する

おおまりなのでした。


150203blog5.jpg
 こまりです。  節分ということで、ドライ納豆を 10粒 いただきました。
納豆はいつも食べているんですけどね。10粒 というのが 特別らしいですよ。
母さまは、落花生をいっぱい食べて胸やけしたらしいです。




ボタンも押せるかも? な こまりちゃん
↓ポチッと 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

お友達紹介します

kage

2015/02/02 (Mon)

こんにちは、 こまりです。

いつも わたし一人の写真ばかりですが、それは母さまが不精して撮らないでいるだけ。
わたしにも お友達いますよ~

というわけで、
今日は散歩で出会うお友達を、幾人か紹介しますね

(お耳の話は また一休みです。のろのろ母さまでゴメンナサイ。)


エディ君
edi.jpg
のん姉さま の仲良しだったの。 今はお空にいます。 もう会えたかな。
もちろん、お空でも仲良くしているでしょう。



「はなぺちゃさん、あなたの方こそ、はなぺちゃさん」
boston.jpg
おめめ と おめめ が くっついちゃいそう~



夕方の公園には いつも いろんな犬さんが。
3wan.jpg
もっとたくさん集まることもありますよ。



大きな犬さんとも
standard.jpg
上手に ご挨拶




そして




もっと もっと 大きなお友達!








zou.jpg




どうも、おおまりです。
小毬ちゃんは大抵の犬を怖がることなく、上手に過ごせます。
よかったなぁ


↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

なぜ 聞こえないと思ったか

kage

2015/02/01 (Sun)

耳の話 の続きです

獣医ではまず 「なぜ 急に 聞こえなくなったと思ったか」 
たずねられました。
犬の場合、聞こえているかどうか、はっきりとはわからないからです。


普段のさまざまな場面から 気づいた事柄を話しました。


何かを落とすなどの大きな音にも驚かない。

口笛などに首を傾げるしぐさをしない。

家人の帰宅の車の音に喜んで走り回り吠えていたのが 、部屋に入ってきてやっと気づく。


こういうことが 急に起きたと説明しました。 


150201blog.jpg


しかし
これらは、犬は 自分にとって都合が悪い、 気が向かないなどのときは 動かない、気づかないフリをすることがあるので
(一般的に)決め手にはならないと言われました。


そこで、
最初に耳の異変に気づいた時の出来事を。


我が家では 人間の食事時に小毬にも分けてやるのですが、
前日までは、一人が食べさせていて
(こっちにもあるよ) と別の人間が名前を呼ぶと(食卓に隠れて見えないところからでも)飛んできたのが、
その日は、かなり大きな声にも気づかないようで、立ち上がり姿を見せ手招きをするとようやく来たのです。

さらには、
冷蔵庫を開けたり 、食べ物の袋を開ける音に すぐさま 遅れてなるまじ! と 駆けつけていたのに  
それもなく・・

オヤツを見せて、大きな身振り手振りで呼ぶと やっと来るのです。


先生!
やっぱり パグさんは食べ物がらみ、ですよ! 

食べ物がからんだならば、やる気が起きないとか、気づかないフリなど、まずできませんよ。



それでは 、本当に聞こえていないのか。
次回は 簡単な検査の話 をします。




現在小毬は、 
聞こえが悪い以外は全く変わりなく、
いたって元気ですので ご心配なく。



今日も、小さな公園で 飼い主にお付き合い~
0150201ブランコこまり


↓ ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村