2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

こまりちゃんが振り返る2016

kage

2016/12/31 (Sat)

こまりです

いちねんを ふりかえります


さくらのじゅうたん
さくらこまり16


あついなつは あたらしいかーとで こうえんへ
カートこまり16


にほんどうぶつこうどいりょうせんたー というところにいきました。
そこで びょうきがみつかりました
高度こまり16

 
かあさまは こんなこともやってましたヨ
811piano.jpg


いそがしいとうさま
こんなおしごとも
介護フェスタ16


すてきな しあわせな いべんとも ありました
ウェディングこまり16



かあさまは
「生きているといろいろあるけれど
みんな それぞれに 踏ん張っているのだ」 
ですって



おむつにて しつれいですが
 オムツこまり16

みなさまよいおとしを!


↓どうぞ ぽちっと  おねがいします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



断端部膿瘍(?)について②~やっぱり膿は出る~

kage

2016/12/30 (Fri)

前回① の続きです。

そもそもどうして膀胱炎に対してオーグメンチンだったのだろう?

思い起こしてみました。



以前患った肛門嚢炎でβラクタマーゼ産生大腸菌が見つかった。
それをふまえてのオーグメンチン。
実際尿検査でも見つかった。
だけどそれからずいぶん長く(ほぼ一年)薬を切るとわすか5日で再発 のくりかえし。
最初のみで、途中は尿の細菌同定感受性検査はなしに長期投与、高濃度ととにかくオーグメンチン一辺倒の治療が続いた。

161230k2.jpg
(2016年春)



疑問を獣医師にぶつけてみたけれど、とりあえず効いているのだから と。
それでいいのか?
だんまりさんとも相談して、ウチから検査に出してみた(おおまりのものとして自費で)。

結果普通の大腸菌、表皮ブドウ球菌が見つかり、(オーグメンチン適用の)耐性菌は見つからず、セレクトされる抗生剤は広がった。
獣医師に提案。
その間に、尿漏れではないオムツの汚れに気付く
それはオーグメンチンを飲んでいて膀胱炎は治まっている間にも出てくる。
獣医師に見せたが、「腟はみ見たところ炎症起こしてないのでおしっこが濃縮されたものの可能性もある」と。

いや、いくらなんでもシッコとは違うぞ。出ているし状況とか粘度とかの感じで分かるもん。

その後も数日置きにでる膿
そして、膀胱炎は腟からの膿が先行して起こっているように思えた。

とにかく それはそれとして、なんとか粘り抗生剤を変更してもらった ⇒ セファレキシン(セファクリア)



③へ続きます。





昨日また膿が出ました。

↓ 膿の画像 汚いです。ごめんなさい


おむつ膿



汚れたままにして膀胱炎にならないように、できるだけオムツを替えて一日1~2回(状況に応じて)
腟を洗います。
もともと持っている自浄作用を奪わないよう、洗い過ぎ注意、また中の洗浄に特に消毒液は用いません。


161230k3.jpg
昼寝をしようと布団を出していると、とっとと先にいるこまりちゃん。

上の 春ごろと比べると肉が落ちて 顔つきも変わっているように見えます。
体重は6.8kg→6.2㎏
ステロイドの影響か、筋肉が落ちて顔はほっそりお腹はダブダブしています。




最後まで読んでくださりありがとうございます。
↓ どうぞポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



夜中の空腹 3時から・・まいった・・・

kage

2016/12/29 (Thu)

ステロイドのせいだとは思うけど
こまりちゃんの食欲亢進、多飲多尿がハンパないです。

朝方・・ここ数日はきっちり3時から起きてウンチ、シッコを繰り返し
吠えたり踏んだり(おおまりを です。うんちではありませんヨ^^;)ガリガリ・・もうやりたい放題
ハイテンションでおおまりを起こしにきます。



悪魔に見えてしまう・・・・

161229k2.jpg




今朝は2時間足らずの間に 3回に分けて? ウンチ  2回に分けてしっこをしてくれました。
そのたびにペットシーツやオムツの交換・・しないわけにはいけませんよねー

たったひと粒の褒美のフード目当て?
それほど空腹なのかしら・・そう思うと気の毒であります。

新しいフードに期待なのだけど、ウンチもシッコも量もしっかり出て・・
やっぱり吸収が悪いのかな
ちっとも身にならないなぁ・・

ステロイドは、今小毬ちゃんにとって命を維持するために不可欠かもしれないけれど、
穏やかだった小毬ちゃんのテンションの変わりようや、11歳過ぎの犬が急にあんなに活動的って・・
逆に命を削ってしまっているのではないかとも思えてしまう。

難しいところだなあ



本当はもちろん天使のこまりちゃん
161229k.jpg


というわけで、こんな時間の更新です。



↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


PLEの検査通院 がんばれこまりちゃん!

kage

2016/12/27 (Tue)

午前中に動物病院へ行ってきました。

一週間ごとの血液検査です。
 
<今回の結果> 
総蛋白   4.3 (基準値5.0~7.2)
アルブミン 2.4(2.6~4.0)
グロブリン 1.9(2.3~4.5)

ALT    310(17~78)
ALP    241(47~254)

他にも白血球他炎症を示す数値が上昇気味

よくないです。
前回ステロイドを上げてALB3.1まで持っていけたのですが、4分の3に落としただけで下がっちゃいました
GLBまで。 よって当然 TPも

今でも結構な高用量のステロイド そのせいで肝臓の数値も上がっています。
実に悩ましいところです。

今のところフードやさまざまな整腸系サプリなどのおかげで見かけのウンチなど様子はいいのですが、
この数週間の血液データ変動を見ている限り 
一気にALBが下がり下痢を起こし腹水がたまり、命も危ないということもありえる と言われました。



蛋白漏出性腸症(Protein Losing Enteropathy 略してPLE)とは 病名ではなく 症状を指すもの。
血漿蛋白、とくにアルブミンが消化管内に異常にもれ出ることによって起こる低蛋白血症です。

原因となる主な疾患には
 炎症性腸炎 IBD
 リンパ管拡張症 
 リンパ腫
があります。

(この辺については勉強中。機会があればまとめてみたいと思います)

実は、小毬ちゃんはPLEの症状はあるものの、まだ確定診断をしていないのです。
確定診断には内視鏡か開腹による生検が必要ですが、とりあえずは考えられる治療をして様子をみていました。
実際最初の数ヶ月間はフードとサプリメントだけで驚くほどぐんぐんALBは上がっていたのです。

夏に発覚してから改善が見られていたのですが、一月ほど前から食欲不振や体重減少などどいった不調も出てきていました。
順を追って書きたかったのですが、とりあえず今日の結果を記しておきます。

いよいよ生検の必要性についても考え決断をしなければなりません。
まずは一週間フードをこれまでの ヒルズIDLowFat から ロイヤルカナン アミノペプチドフォーミュラに
それ以外は極力食べさせないようにして。
食餌性アレルギーの改善による効果に期待!

一週間後にまた検査です。
がんばれ小毬ちゃん!
がんばれ私



病院待合にて
161227k
今日も採血、頑張りましたよ


↓押していただけるとありがたいです
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

断端部膿瘍(?)について①

kage

2016/12/26 (Mon)


さて
断端部膿瘍(?)について。
(?)というのは、はっきりしたことはお腹を開けてみないと分からないから。

長くなるので 少しずつ分けて書きます。


いつのころからか、小毬ちゃんは腟から膿が出るようになりました。
腟に炎症はないが、
数日置きに汚れた帯下が出るのです。

それが顕著になったのは、
繰り返す膀胱炎に頭を悩ませ、
オーグメンチン一辺倒の治療にも疑問を抱き始めていた頃でした。


今日はここまで。



今は とりあえず膿が出ても慌てず、
ひどくなったり膀胱炎を起こさない限りは出来るだけ抗生剤を飲ませず
洗浄でしのぐという方法をとっています。

洗浄セット
洗浄セット
あたりをマスキン水で拭き、10CCシリンジに生理食塩水を吸い、2度洗浄。
生理食塩水はちょっと温めておきます。


現在 PLEのため飲ませているステロイドの効用で炎症がおさえられているのか ずいぶんよい状態が続いています。



新しいコートの小毬ちゃん
161226k.jpg

フレンチブルサイズを買ったら、 「俵」  みたい



読んでくださりありがとうございます。
更新の励みになります。
↓ポチッ と応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


覚書 今飲んでいる薬

kage

2016/12/24 (Sat)

病気のことは いつ腟から膿が出たとか  ノートに記録していましたが
覚えとしてこうしてブログ記事にする方が張り合いもあるかなーと。


というわけで

<今飲んでいる薬>

PLE(蛋白漏出性腸症)に対して
 フラジール(メトロニダゾール)250mg錠 一回4分の一を一日二回
 プレドニゾロン錠5mg・・・当初1回1錠一日2回 から 現在は1回4分の3錠(3.75mg)一日2回に減量

胆泥症に
 ウルソデオキシコール酸50mg 1回1錠 一日2回


ステロイドのせいか食欲亢進、多飲多尿。
朝は4時から5時に部屋のトイレで連続大小済まし、
「お腹が空いた早く起きてご飯を作れ!」 と
おっとりしていたはずの小毬ちゃんが・・・!!

テンション高く (食べ物を求めて)動き回っているので
寒いこともあって、散歩は午後の3時頃に一回のみです。

161224k.jpg
よく食べてよく飲み、よく出しますよ!



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


こまりちゃんの病気

kage

2016/12/23 (Fri)


更新をさぼっているあいだに、小毬ちゃんにもいろいろありました。

今現在 

蛋白漏出性腸症
胆泥症
子宮断端部膿瘍(?)

主に この3つの治療をしています。

(他にも 今は治まっていますが、マラセチア性皮膚炎やアトピー性皮膚炎 外耳炎 膀胱炎 などいろいろありました)

3つ目に関してはいろいろと疑問やはっきりしない点も多いですが、
それぞれについて順を追って書いていきたいと思います。


こまりです 
今 お薬を3つか4つ飲んでいますが、元気ですよ




 ↓ 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



お久しぶりです

kage

2016/12/22 (Thu)

ずいぶん長いことサボってしまいました。



このごろの小毬ちゃん。


時々 出ています








うふふ・・・

舌チョロ  (ノ ´▽`*)ノ



ぼちぼち更新したいです。
またよろしくお願いいたします。

↓ ポチッと
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村