2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

排膿記録 と サプリ と 週末のこと

kage

2017/02/28 (Tue)

27日夜 薄めの膿 少量 (前回は21日朝)
前日 お尻歩きをしていました。

抗生剤を切って一ヶ月過ぎましたが
まだ腟洗浄(水)のみで頑張れそうです。

170228kb5.jpg





ストルバイトに悩んでいた頃使っていたサプリメントの記憶。

「アミノコンプレックスphコントロール」 
これはとにかくphはよく下がります 恐いくらい 
dlメチオニンが効くのか
ただ、小毬ちゃんはこれを与えると カイカイが出てたような。
鶏肝臓加水分解物のせい?


今はクランベリーのサプリを使っています。
「ペットボタニックス クランベリーサプリメント」 や 「クラニマルズ オリジナル」
クラニマルズの方はシンプルにクランベリー粉末という感じ
ぬるま湯に溶かして・・というか溶けないので 小毬ちゃんの顎は赤い粉だらけ(汗)
これらだと お昼の尿は8くらいまで上がることもあるけれど 一日一回(特に朝一)はphが5.8~6.0に下がるので 理想かな。





土曜日にはシャンプーをしました。

部屋での乾燥は小毬ちゃんも慣れてきて来て具合がいいです。
ヒノケアシャンプーは乾きが早いように思います。


日曜、爪切りをしていたら、帰ってきただんまりさんが写真を撮ってくれました。


意識を飛ばす? こまりちゃん
170228kb.jpg
 ワタシハ イマ ナニモ サレテイナイノデス・・・


「今日は右後ろ足ね はい、無事上手に切れました。」


それよりも 


お腹だいじょうぶかな



170228kb3.jpg





なかなか体重は減らないみたいです
獣医さんに ぽっちゃり ⇒ むっちり と言われてしまった小毬ちゃん。

次は先生なんとおっしゃるか、恐いような楽しみなような


170228kb2.jpg




いろいろがんばれ、こまりちゃん (#^.^#)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

分別

kage

2017/02/27 (Mon)

さすがの小毬ちゃんも もう 重装備 は要りません。

ちょっとは薄着になって散歩です。

170227kt.jpg

公園にはタンポポが咲いていましたよ。





ところで、
おおまりがなにかやっていると
もれなくやってくる小毬ちゃん


明日は廃品回収ですよ

ちゃんと分けて出さないとね



チラシは

170227kb.jpg


平気で


170227kb2.jpg



乗りこえてくるけれど


ダンボールは


170227kb3.jpg


ちょっと恐いらしい



こまりちゃんの分別 (´∀`*)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

全員高齢者

kage

2017/02/26 (Sun)

飼い犬の散歩が出来なくなった高齢者のかわりに近所の人が散歩をさせていたところ、
他所の人に咬みつき怪我をさせてしまう ということが起き、
(人間の)怪我の診療をしました。

後日、
咬みつかれた方の人も犬を連れており、その犬は重症で動物病院に入院したと聞きました。

170226kb.jpg
 なかよしさん


実は、この話
咬みついた犬の飼い主もですが、
代理散歩をしていた人も、そして怪我をした人も・・
関わった人全てが高齢者
それもいわゆる後期高齢者に入っている方々という。

若い飼い主でも起こり得ることとは思いますが
そのときの犬同士、飼い主同士の状況はどうだったのでしょう

また代理散歩ということでの責任の所在など・・
立ち入るべきではないですが、いろいろと気になります。

なんにしても
咬みついた側の犬にもそれなりの理由はあるはずで、かわいそうなのは犬たちです。


170226kb4.jpg
 なかよしさん2


(人間の)怪我はたいしたこともなく、ほどなく来院されなくなりましたが、大怪我の犬はどうなったのでしょう


代理散歩をしていた人に会う機会があり、「ワンちゃはどうなりましたか?」 と聞いたところ、
「元気いっぱいですよ!」
「え、大怪我と聞いていたのですが?」

・・・元気というのは咬みつい方の犬のことで、
怪我をした犬のことはわかりませんでした。

もう咬みついた(つかせた)ことを忘れてしまったのでしょうか・・

そして、今もまだ代理散歩を続けているのでしょうか・・・

170226kb2.jpg


おおまりにも遠い将来ではありません。

最近は高齢者の運転による事故も問題になっています。

娘に
「で、お母さんは何歳くらいまで運転するつもり?」
と聞かれました。

「犬の通院が必要なうちは」
と答えましたが、

いつまで犬を飼うのか(飼えるのか) 
運転とともに
いつかは区切りをつけなければなりませんね。

170226kb3.jpg
 安全散歩、安全運転でね

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

毛布毛布♪ フリースフリース♪

kage

2017/02/24 (Fri)

小毬ちゃんが一緒に寝るようになってから 
丸洗いできる布団も買ったのですが、
掛け布団代わりに、より手軽に洗える毛布を何枚か重ねています。


小毬ちゃんも毛布が大好き。

おおまりがお風呂から上がってくると


170224kb4.jpg


たいていこちらで休んでおられます。


一方
こまりちゃん(専用)の寝床は、

丸洗いできる素材(樹脂?)の犬用ベッド「ファンタジスタ」を
冬はフリースで包み ブレスエアーまたは小さい座布団
その上にフリース2枚


170224kb2.jpg



フリースは先代の のん のものを


<2013年2月>
170223nb2.jpg
 (シンプルに敷いたり)


170223nb.jpg
 (体や首を支えたり)



今また小毬ちゃんが使っています。

170224kb3.jpg
 のんねえさまのお下がり、あったかいですよ


切りっぱなしのフリースは軽くて寝床をお好みにカスタマイズもしやすいようです。


170224kb.jpg
 もうふも

 

170224kb5.jpg
 ふりーすも

どっちも ええわあ
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

しぶしぶ

kage

2017/02/22 (Wed)

小毬ちゃんは散歩があまり好きではありません



おおまりがそろそろ散歩に行こうかな~と思っていると、 
たいてい家のシートでしっこやウンチをしていしまいます。

「出ましたから、今日は散歩にいかなくていいですね?」といった顔でこちらを見ます。

170222kb2.jpg
 今日の分はでました


「そんなこと言わないでさあ」

支度をして玄関を出るも
しぶしぶ顔

そんなしぶしぶ顔を集めてみました。


170222kt3.jpg



170222kt2.jpg



170222kt.jpg



さてさて、今日もしぶしぶながらも行ってきた公園


遊具を新しくしているようです
170222kb.jpg


以前の写真です(2015年8月)
17-8 zou

ぞうさん、大きいね~

って、この時も
小毬ちゃんはおおまりばかり見ていて ゾウさんには興味がないようです(^_^;)



かあさまは 新しいゾウさん見たいなあ
ねえ 小毬ちゃん・・・? 
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



PLE定期検査で びっくり

kage

2017/02/21 (Tue)

蛋白漏出性腸症の定期検査でした。


待合室で
先にいた犬さんに吠えられて 
その拍子にポロンと ひとつ ウンチをもらしちゃいました。

あらら ビックリしたんだね

ところが
その犬さんが去った後、
今度はビックリウンチではなく 
クルクルと回りだし 本格的にウンチをしちゃいまして・・


それには おおまりがびっくりしましたヨ


170221kb3.jpg
 びっくりしたねえ


さて
今日の結果は、それほどびっくりするのものではなく

TP    5.5 (5.0~7.2)
ALB   2.5 (2.6~4.0)
GLOB  3.0 (2.3~4.5)

ALT   28 (17~78)

0.1ポイント下回ってしまいましたが 

ステロイドを今の25%減らして ⇒プレドニゾロン2.5mg錠の3/4(1.875mg)を一日1回 
また3週間後に診察です。



それから、
朝また腟から膿が出ており、
洗って様子はみていますが、
ひどくなったり膀胱炎になったときのために
抗生剤をいただいてきました。


ところで 体重は6.95kg  これにはちょっとビックリ
7kgが見えてきました 

吸収がよく食べるだけ増えるようになった証拠でもあり
飼い主的には7キロまではOKと勝手に決めているのですが

前回 ぽっちゃりだったのが

今日は
むっちり・・・ 

と言われてしまいました。


170221kb.jpg
 むっちり?


仕方がない
フードをまた微妙に減らしますか



170221kb2.jpg
 え~~


むっちりだけど元気で何より(* ´ ▽ ` *)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


耳を澄まして

kage

2017/02/20 (Mon)

以前 小毬ちゃんの耳が聞こえなくなった話を書きました ⇒ 2015/1/26「選択肢」  2/1「なぜ聞こえないと思ったか」  2/3「犬の聴力検査は難しい」  2/5「なぜその病院へ言ったか」  2/9「全身全霊」


その後も聞こえたり聞こえなくなったりを繰り返し

だんだんと聞こえは悪くなっていき、昨年夏にはほとんど聞こえていないというところまでいっていました。

170220kb2.jpg



それでもCTやMRIなどの検査は行わず、

今お世話になっている病院で外耳炎の治療をきちっとしてから、
我が家に来た当初には程遠いですが、また聞こえが戻ってきました。


聞こえないときは 
私達が帰宅してもしばらく気付かず寝ていたり、

170220kb.jpg

刺激が少ないせいかより寝ていることが多かったように思います。


今は
大きめの声で呼ぶとわかりますし、


だんまりさんの帰宅に、門の開閉はわからないようですが 

玄関のドアが閉まる音には素早く反応して

170220kb4.jpg
 とうさま、帰ってきました!


だんまりさんの帰宅=ごはんですから、テンションも上がって走り回ります。

170220kb5.jpg



また、朝は
目覚ましが鳴ると 張り切っておおまりを起こしにきてくれますよ。

170220kb3.jpg
 かあさま、起きてください



それがうれしくて、しばらく気付かず寝たふりをするおおまりです。

もちろん
聞こえていないこまりちゃんも 変わらず愛おしい。

これから年齢とともに 耳だけでなく
今抱えている病気に加えて
いろいろな変化があるのでしょう。

そのとき小毬ちゃんが安心して過ごせるように、おおまり、頑張れるかな。

とりあえず、
今夜も忘れずに目覚まし時計をかけて寝ましょうね。

明日も 頼みましたよ、こまりちゃん♪
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


蛋白漏出性腸症②~調子に乗っちゃって~

kage

2017/02/19 (Sun)

子宮断端部の膿瘍(?)はとりあえず様子観察的になり
PLEについても
2次診療のみである(はずの)センターに通い続けるほどではない気がしていた。

センターを紹介してもらった病院は休診が多くよく急なときに困ったため、ホームドクター変更を考えた。

以前から気になっていた皮膚や耳を診てもらい、好印象。
PLEや膿瘍についても相談したところ わかりやすくしっかりとした説明と方針を示していただき、
そこにお世話になることに。
170219kb.jpg
 あちこち 行きました




そのとき ぐんぐん上がっていたALBに気をよくして調子に乗ったおおまりは
もともと手作り食などしたくてたまらなかったこともあり

PLEに悩むほかのワンちゃんたちのブログなども参考に

メインは低脂肪のフードだったが
ささみ、手羽先の先(カルシウム補給も兼ねて) レバー
馬肉パーフェクト(馬肉 骨 内臓 のミックス)
野菜 根菜 芋 卵 魚 納豆 カッテージチーズ 低脂肪ヨーグルト 低脂肪ヤギミルク
米 パン 麺も与えた
170212kt.jpg


とにかくたんぱく質を多めに栄養をつけてやりたかった。

順調に思えたが、 エコーで胆泥症の進行がわかり ウルソ 
同時に腟からまた膿が出てビルバックの抗生剤 「リレキシペット」

それが合わなかったのか
数日後に 嘔吐 下痢 食欲不振 全く食べなかったのはこの時が初めてといっていい

そして そのときのアルブミン値は1.7(基準値2.6~4.0)に下がっていた。
170219kb2.jpg


ウルソ?
いや、抗生剤の添加物があやしい ということで
(ビルバックの方が切れがいいとのことだったが)
セファクリアに戻す
と同時に ステロイド(プレドニゾロン)5.0×2投与開始
2週間後
ALBは上がったが(2.3)同時に肝臓の数値ALTが上がる

ここで、簡単にステロイドをやめるわけにもいかないのでサプリ(ベトリ リバー)が出される

今度は肝臓だ! とまた張り切るおおまりである
肝臓 によいといわれる食べ物
シジミ ホタテ タラ レバー などと

さらに食材は増えていった


調子に乗っちゃって




続きます

170219kb3.jpg
 うまうまがふえて うれしかったデス

 


思い出しながら 少しずつ書いています
読んでくださりありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

襲撃は物陰から

kage

2017/02/18 (Sat)

夜、居間に布団を敷くと 小毬ちゃんがいそいそとやってきます。

170218kb.jpg
かあさまも早くお風呂に入って寝なさいよ



夜中は、おおまりの布団と自分の寝床を気ままに行ったり来たりして

明け方、

まだ寝ているおおまりに向かって

布団の横の机の下から・・

170218kt2.jpg


何度も タッ!と足を踏ん張り、
小さくジャンプしながら ハウッ! と鼻息荒く 



そして おおまりがうっすらと目を開けたのを確認すると


のしのしと頭や首に乗ってきて 

おおまりの顔に 

まずはパンチ

次に 「ハァ~ ブシュッ!!」  と くしゃみ

そして 鼻をベロベロ  

というふうに

いろんな攻撃を繰り出してきます。

このときは いつものおっとり小毬ちゃんとはちょっと別犬のようです。

170218kt.jpg





おおまりも たまらず、
「わかった、もう起きます! 起きますから勘弁してくださいよ~」



電気付けたら・・

170218kb2.jpg


めっちゃ鼻垂れとりました・・・




おおまりを起こしたり、机で何か仕事をしていて「もうやめなさいよ」 などの要求するときには 
必ず(机の)下からヌッとやってきます。

突然ヌッと出た方が効果的と思うのかな?

物陰に身を隠して襲撃

こまりちゃんもやはり犬なんだなあ、と思う瞬間です。



勘弁してください~~ と大げさに騒いだりすると、小毬ちゃんもまたエキサイトして・・


この襲撃は 
おおまりの毎朝の楽しみでもあるのです♪
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 



乾かしスペース

kage

2017/02/17 (Fri)

本日2度目の更新で恐縮です。

月曜にシャンプーをしました。

小毬ちゃんは今 1週間~10日おきにシャンプーをしています。

我が家は古い木造で、
風呂場は一階の北西角 最悪です。
浴室洗面暖房はありますが、洗面所のは小さくてあまり暖かくないのです。

皮膚のためには高温ドライはNG

となると、寒い洗面所はやっぱりかわいそう




そこで、暖房の効いた居間の隅に 「乾かしスペース」 を設置
170217kb.jpg

いくらおとなしい小毬ちゃんでも こうして囲わなくては ドライヤーは無理。


170217kb2.jpg


この中にもちろんおおまりも入ります。


170214kt.jpg



ふう~



どうだったかな

まだ慣れないから ビックリしちゃったかな

170217kb3.jpg
慣れるもなにも そもそもシャンプーもドライヤーも嫌いです


また寒さが戻ってきそうです。

母の愛、 わかってくれるといいなあ。


あ、
けっして 説教部屋 ではないよ
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


排膿記録

kage

2017/02/17 (Fri)

すみません
おおまりの覚えのための更新 

今朝少量の膿
前回は12日夜
水道水洗浄

膿の量があまり増えたり汚くなったら 抗生剤の使用もありかな。

膿は出ないとうれしいけれど あまり出なくてもどこかでたまっていて腹の中で一気に破裂 
なんて心配も。

やはりどうなっているのか知りたいけれど
そのために開腹はやっぱりないなあ

考えは同じところをぐるぐる回っています



さて、
今朝のこまりちゃん
6時まで寝てくれました。
ちゃんと目覚まし時計とおおまりの起床を待って
しっこ。
しっこはきれい。 phも5.8 よし!

170217kt.jpg

舌チョロ おおきめ?
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村




蛋白漏出性腸症① ~ずっと低アルブミン~

kage

2017/02/16 (Thu)

昨夏に見つかった「蛋白漏出性腸症」についてです。

2013年4月に家に来て、
7月に受ける不妊手術の前検査でアルブミンが低い
1.8 (基準値2.3~3.6)

他に異常なし。
様子観察となる。


実際、
170216kb2.jpg
ころころとして 元気でよく食べお腹を壊すこともなく 見かけは全く問題ないようだった。

その後も 3年の間 ほぼ1.8、他に異常なし 
下痢や嘔吐といった胃腸症状もなく過ぎる。


そのころの悩みと言えば、腟から出る膿と繰り返す膀胱炎・・子宮断端部膿瘍(?)
そのために2次診療で訪れた
高度動物医療センター

そこでの検査(2016年6月)
血液データはアルブミン以外正常だったが、
子宮断端部膿瘍(?)の検査のために下腹部を中心に丁寧にやったエコーで
目的の断端部には何も見つからず、かわりに腸に特徴的な白い筋が。

「蛋白漏出性腸症」 と診断された。






実は思い当たることがなかったわけではない。
ウンチの状態はよかったが、回数が多く(一回の散歩で6回することも) 最後のほうにチョロッと粘液がつくことがあった。
170216kb3.jpg

さらに
去年あたりから急に フィラリアの薬を飲んだ数時間後に 嘔吐と下痢。

一部の抗生剤やサプリに合わないものがある
ペット用に嗜好性を高めるために加えられたフレーバーに反応か?
など


確定診断となれば
開腹か内視鏡による組織生検が必要だが、

とりあえずは低脂肪の療法食(ヒルズi/d LowFat) 抗菌剤フラジールとサプリ「ドクターズプラス」で
様子をみていこうということに。

低脂肪の蛋白源として
ささみ 納豆 カッテージチーズ 
野菜もおOK ということで 
よおし、頑張るぞ!
おおいに張り切るおおまり

ヤギミルクも低脂肪に変更

そうして なんと 検査の度にアルブミン値は
2.1(6/27) → 2.3(8/20) → 2.6(9/10) →  2.8 (10/8)
ぐんぐん上がったのである。

170216kb4.jpg

続きます。



読んでくださりありがとうございます。
同じ病気で悩んでいるワンちゃんのブログなどの情報に助けられています。
小毬の記録も何かの参考になれば幸いです。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村




はたらく くるま と バレンタイン

kage

2017/02/15 (Wed)

こまりです

駐車場に とうさまの車が止まっていました。



並んでみました

Nbox.jpg


おや まあ!

縦横比が わたしとほぼ同じ!!



「これはホントにいい車だよ。 小さくて 小回りの効く

そんなところも わたしにそっくり

170215kb.jpg


よい車 と よいわたし♪


とうさまは この車に乗って毎日あちこち飛び回ります。


がんばっているとうさまに、かあさまは
 
「もっとしっかり働いて来い! 家族のために!! 」



かあさま ひどい・・・

170205kt2.jpg





そんな鬼のかあさまなので

昨日のバレンタインデーとやらも



我が家は 


とうさまがもらってくるチョコを

かあさまが搾取する日です


↓ とうさま負けるな! のポチ お願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

洗浄 と 配分変更  しぶしぶ散歩?

kage

2017/02/13 (Mon)

暖かい時間をねらって散歩に行くようにしていますが

170213kt.jpg
しぶしぶ出掛ける小毬ちゃん



170214kt2.jpg


なかなかお外では愉快な顔が撮れませんが、
風やお日さまにあたって季節を感じようね。



さて、
昨夜からまた汚れた帯下が出てきました。
抗生剤切ってから16日。
抗生剤(セファレキシン)は飲ませるとなると3週間の指示。
それ以上の間隔をあけたいところです。

いつも夜に腟洗浄していますが、(膿が出たとなれば) 今朝も洗いました。
今朝は水道水を沸かし冷ましたもので。

「水道水はきれいです、 飲めるんだからね。 とりあえす水道水で洗って 」←これはだんまりさんの外傷患者さんへの口癖
肝心なのは洗い流すこと。

生理食塩水の塩分が残って刺激になると言ったドクターもいました。
もう、いろいろ言われすぎてどうしたらいいのかわからない! と切れ気味のときもありました。
実は誰もわからないんですよ きっと。
そういうこともある。
そう思うと気が楽です。

小毬ちゃんはどうすればいいと思う? 

教えてくれたらいいのになあ

小毬ちゃんはオムツも腟洗浄も全然嫌がってないから、これで悪くはないのかな。

とりあえずはマメなおむつ交換
がんばりましょ

幸いおおまりは引きこもり体質?
長いこと家を空けられない状況はむしろ大歓迎なんです。
すぐ帰る言い訳になるし へへ



薬を包む「コーンスターチ練り」の配分を変更しました。

 コーンスターチ 大さじ1.5杯
 水50CC
 蜂蜜 (強力な抗菌特性が IBDに有益とのことで、砂糖から変更)

蜂蜜だと砂糖のときよりも出来上がりはやわらかい感じ。

手作り食のとき使っていた本葛粉も残っているので、使ってみようかな。



日差しは明るくなりましたが
まだまだ寒いです。

小毬ちゃん地方はいまのところ大丈夫ですが各地の雪の被害が心配です。


寒いと 巻いてみたくなりますね。

170207kt.jpg


小毬ちゃんは寒がりだけど 巻かれるのはあまり好きではないようです。



170213kb3.jpg
 まかない もうふは すきです


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



とうさま と わたし

kage

2017/02/12 (Sun)

午後からおおまりは 用事があって出掛けました。


「よし、わしが散歩をしておこう!」

と だんまりさんが言ってくれましたが、

「フル装備 できる?」


「う・・・」

だんまりさんはリードくらいはつけられますが、
この寒い日です。
おおまり式3段重ね(Tシャツ 腹巻き コート)・・こちらを見てね→  「重装備」
となると、どうやっていいのかわかりません。

それに緊急でいつ呼び出されるかわからないので、全く当てになりません。

「せっかくですがご遠慮申し上げる」




そんなだんまりさん、

とある日、 仕事を終えて

小毬ちゃんとのつかの間の触れ合いも・・


170211kt.jpg
 とうさま やめれ


筋トレのつもりでしょうか

ボディビルダーの オリバーなんとか みたい


170211kt3.jpg
 とうさまは好きですが、つかまえられるのは いやです


結局逃げられてしまいました。


小毬ちゃんは基本誰にだって拘束されるのはいやなのですが

なんともお気の毒なだんまりさんです



でも 小毬ちゃんは、いつだってだんまりさんを待っていますよ。



いつかの日曜

陣中見舞いです

170212kb.jpg
 とうさま


170212kb2.jpg
 がんばって


170212kb3.jpg
 早く帰ってきて




170212kb4.jpg
 ごはんにしましょう


悲しいかな 

小毬ちゃんにとって

だんまりさんは

ごはんスタートの人?
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


いい調子のお尻

kage

2017/02/11 (Sat)

さてさて、
前回腟から膿が出たのが1/27夜

ビクビクしながらも2週間が過ぎました。
これまでは、4~5日おきに出ていたのでこれはなかなかの記録です!

膿が出る2~3日前には
肛門腺液がたまったときにする お尻歩きをします。

この動きはあって薄い帯下は出ますが、膿んではいないようです。


今は膿が出ていないときも
一日1回生理食塩水で腟洗浄してみています。
これが合っているのかな。

以前、イソジン液での洗浄を勧められやっていたこともありましたが、
洗いすぎはせっかくの自浄作用を奪ってしまいます。

医師によって指示が違います。
小毬ちゃんのそのときの状態にもよるし、
なかなかこれが正解!ということもないのでしょうね。

様子をみながらいろいろやってみましょう。




小毬ちゃんはとてもおりこうで
「お尻を洗うよー」 と用意をしていると
とことこやってきます。


そして
かわいいお尻を向けてくれますよ
170210kb.jpg


下に
ペットシーツを敷いて

あらかじめ温めた生理食塩水を10CCのシリンジに吸い、2回洗います。

だんまりさんは忙しくてほとんど家にいないので、おおまり一人でやっていますが 
慣れてしまえば かえって押さえつけたりする人がいないほうがいいようです。

そんなわけで、肝心の洗っているところの写真も撮れませんが、
小毬ちゃんも多分そんなところは撮ってほしくないから、ま、それはいいでしょう。


終わったら
もちろんご褒美です
170210kb2.jpg
今は他のオヤツなど禁止されているので フードを一粒 ね



170210kb3.jpg


明日もよろしくね

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



舌チョロコレクション

kage

2017/02/09 (Thu)

昨年秋くらいから、時々舌がチョロッと出ている小毬ちゃん。


これまでにはないことで、珍しく 

また

出ていなくてもかわいいのですが、

出ている小毬ちゃんもかわいい と

親ばか夫婦は

見るたびに
「わー、舌チョロだ 舌チョロだ! かわいい、かわいい!!」と大騒ぎ


というわけで、
 
小毬ちゃんの 
かわいい 「舌チョロコレクション」 をご覧ください。



初めての舌チョロ
170209kb.jpg 




ねんね舌チョロ

170209kb4.jpg




動く舌チョロ・・・動き出してしばらくすると 大抵舌は収まってしまうので
これは貴重な映像です

① 起きまちた
170209kb5.jpg

② 見返り
170209kb6.jpg




「ぷ」
170209kb3.jpg


「ぺ」

170209kb2.jpg





ぐうたらのすすめ
170209kb7.jpg

おおまりを寝床に誘う・・・たまりませんな (*´Д`*)



おまけ

チョロ でなく・・

べろん
170209kb8.jpg

これもかわいい

結局 なんにしてもかわいい(しつこい)

ということで、

とんだ親ばかにお付き合いいただき、ありがとうございました(。-_-。)
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村




毛 の 悩み

kage

2017/02/07 (Tue)

このごろ 小毬ちゃんは 
まったくと言っていいほど毛が抜けません

シャンプーしても、
170206kb4.jpg



排水溝にまったく毛がたまりません。


セーターや黒のタイツにも付かないほど。

170206kb.jpg



蛋白漏出性腸症のために飲んでいるステロイドの影響でしょうか。



170206kb5.jpg

(薬のせいで) 
抜け毛がない!


と話したところ、 だんまりさん 

「いいなあ、わしも飲も・・」

すかさず、 おおまり
「でも 薄毛 だよ」


(抜け毛もありませんが、生えてもこないようで、以前皮膚炎で薄くなったところがそのままなのです。)


だんまりさんのシャレにならない冗談は
おおまりに 一蹴されました。


小毬ちゃんの毛は
ステロイドの減量に伴って復活するでしょう  きっと!


だんまりさんの毛のことは知りません。

170206kb2.jpg




薄毛でもかわいい 小毬ちゃん
170206kb3.jpg
うすげ だから お部屋でぬくぬくがいいです


抜け毛がないと掃除は楽ですが、

パグさんは やっぱり
元気に毛を生やして盛大に抜けて 部屋や洋服を毛だらけにしてほしいものです。


小毬ちゃに元気な毛が生えますように
(ついでに だんまりさんにも)
↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



子宮断端部膿瘍(?)⑦~すんでのところで~

kage

2017/02/05 (Sun)

 の続きです

いよいよ手術の日。

数日前にはシャンプーを済ませ
絶食絶飲を守り
覚悟を決めて
きれいに洗ったリードをつけて
センターに行きました。

170205kb.jpg



その日、なんと!
主治医が急な体調不良で休みということで、
代わりに 本院からきた外科系の医師の診察を受けました。

てっきり そのまま預かり→手術になると思っていたところ 

呼ばれ


「僕だったら切りませんね
切ったところで また同じことの繰り返しになる可能性がある」




その日のエコーでは前回あった空洞が見つからず(隠れてしまったのか)

何人もの医師が首をかしげ、意見も分かれる事例のようですが、

膿が出る=開放性で抗生剤も有効、今リスクを冒して手術することはないと思う
というのがその医師の意見でした。


結局 
すんでのところで 手術は取りやめとなりました。

拍子抜けした気分での帰宅となりましたが、何故か車の中で次第に気分は上向きになっていました。


実は、
だんまりさんも ずっと言っていたんです。

「わしだったらやらないね」(だんまりさんは人間の外科医です)
だんまりさん、
小毬ちゃんの不妊手術にも反対でした。
「ひどいことを言うようだけど 正直こんなお腹はやりたくないね
(度重なるカイザーで)
癒着でメタメタの可能性大きいもん。」



内科系の医師は切ることを勧め、外科系の医師は切りたがらず 
といった印象は持ちました。




振り出しに戻ったような形になりましたが
ここまできたことは無駄ではなかったと思います。

「完治」が見えないものと付き合っていくのは大変だけど
やっていこう! という気になりました。

手術をしていたら・・・ 
それは神のみぞ知るですが、
この日の主治医の急な体調不良もめぐり合わせ

うん、きっと
小毬ちゃんは不思議な運の強い子 です

170128tk2.jpg

ときどきお薬も飲みますが、かあさまのお尻洗いは快適!
わたしは とても元気ですよ




「子宮断端部膿瘍(?)」 これまでのことは ひとまずお終いです。
お付き合いいただきありがとうございました。


↓ どうぞポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


お決まりの・・

kage

2017/02/03 (Fri)

節分ということは 明日は立春

散歩に出たならば

季節を感じる風景のなかに愛犬をおさめて記録しておきたくなる というもの

でも 小毬ちゃんにとっては 迷惑なだけ?


以前の記事がありました
「花と猛獣」2015/3/5


いやいや・・ 小毬ちゃんも家へ来てもう4回目の春を迎えます。

今年こそ笑顔で収まってくださいませ。

170203kb.jpg

170203kb2.jpg



170203kb3.jpg



・・・今年もやはり水仙には興味がないようです。




一番の興味はやっぱり ごはん!


小毬ちゃんのごはんはもう終わっていますが、

私達の夕飯時にはフードとササミなどを少しだけ、一緒に楽しみます。


だんまりさんの帰りを首を長くして待つ小毬ちゃん。
170203k.jpg
  そろそろ ですよ


一番目が輝く時間かな?



↓ひとポチ、お願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


ウワサのオムツの作り方

kage

2017/02/02 (Thu)

小毬ちゃんは、ちょっとしっこ漏れや腟から膿が出てくるため、オムツをつけています。

排泄はシートで普通に出来るので、つけたままでもうんちがきれいに外に出るように工夫しています。


そんな小毬ちゃんのオムツ、あちこちで褒めていただきます。


その作り方をご紹介。

170202kb.jpg
かあさまの自慢話なのだけど、実際なかなかの評判なのです 見てね


オムツは ムーニーのテープタイプ Mサイズ
犬用は小毬ちゃんには股上が長すぎて太ももがユルユルです。
それに人間の赤ちゃん用の方が安くて品質も断然上。


新聞紙 はさみ ペン 定規 サージカルテープ(25mm、12mm) を用意
omutudougu.jpg

加工時に吸水ポリマーが出てくるので、新聞紙を敷きます。

おむつに 尻尾出しの穴用の印をつけます
(人間と逆にお腹側が背中にくるように)
omu1.jpg


切込みを
omu2.jpg


手前と横は外側に折り返し 太いほうのテープで止めます
omu3.jpg

外側に折り返すことで 毛のないデリケートな部分にはテープが当たりません

上部分はくるむように

角を細いテープで止め ポリマーが飛び出すのを防ぎます。


出来上がり



裏側から見たところ
omu4b.jpg




完成です
omutu kan


どうです?
できたてほやほやはちょっと四角っぽいですが
170202k2
ちゃんと かわいい肛門ちゃまも出ています



ちょっとすれば なじんで
170202k
なかなかのフィット感でしょ


小毬ちゃんは 8年間一切何も身につけたことはないはずだけど、家に来たときからリードも洋服も全く抵抗なくつけてくれました。
オムツも気にしてないようで助かります。


今夜もTVを見ながらせっせとオムツを作るおおまりなのです。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村




私、失敗しない・・はず

kage

2017/02/01 (Wed)

小毬ちゃんの爪切りは

170126k.jpg

一日に切るのは 足一本 と決めています。


小毬ちゃんが爪切りを嫌いにならないように、
素早く かつ慎重に



以前は止血パウダーを目の前に用意しておきましたが

(止血剤頼みに) うっかり大胆にならないように、
今は あえて引き出しにしまったまま。



・・・大丈夫かな




でも



今日も うまくいきましたよ 


成功です!


成功の握手 です!!
170126k2.jpg



うむ、出来栄えも まあまあ
170126k3.jpg
(中の2本は歩き方のせいで逆側から削れちゃっています)



ね、今日も大丈夫だったでしょ


「私、失敗しないので」 




170127k.jpg
うそつけ  デスヨ
痛かったこと おぼえてるですよ






失敗してないですよ

たしか

半年くらいは 




あまり気にしていなさそうなパグさん(小毬ちゃん) でも やはり犬
嫌なこと 恐いことは いつまでも覚えていますね。

嫌なことこそ 忘れちゃえばいいのにね


 
一方、


日に(足)一本ずつの爪切り。
前回切ったのはどの足だったのか・・・?

覚えておかなくてはならないことをすぐ忘れちゃう 人間(おおまり)


それこそ困ったものです。



おおまりさんが失敗しないように、小毬ちゃんが痛い思いをしませんように
↓ ポチッと お願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村