2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

犬の聴力検査は難しい

kage

2015/02/03 (Tue)

「なぜ聞こえないと思ったか」 の続きです。


犬の場合、
聞こえているか否かは何とかわかっても、 人間のようにどのレベルまでかを調べる・・ヘッドホンをして 聞こえたらボタンを押す 方式の詳しい聴力検査はまずできません。




一通りの話を聞いた後
獣医師は
全身状態 ふらつき、体や頚の傾きなどを観察。
部屋を暗くし ライトを当て、目が見えているかどうか、目の動きはどうか(眼振はないか)を診て、、
いずれも異常はなさそうとのこと。

最後に 後ろから パチン! と指を鳴らしてみましたが、小毬は緊張もあるのか落ち着きなく診察台の臭いをしきりに嗅いだりして、その音には反応しませんでした。


150127blog3.jpg



耳の中を覗いたところ
外耳炎を起こしており 腫れで鼓膜が見えにくい状態 と。 

まずは外耳炎の治療をすることになりました。

外耳炎の治療をし、早々に聞こえてくればよいが 

中耳 内耳、 脳神経などに異常がある可能性はゼロではないので、
早いうちでの詳しい検査MRI,CTを勧められました。






帰宅後


だんまりさんは  

「聴力検査だけどさ、 こまりちゃんならできるんじゃないか? おりこうだから

真顔で そんなことを。


「ええ~~?? いくらなんでも 」 と 言いはしましたが

いや、ひょっとして・・



ヘッドホンをつけ、見事にボタンを押す小毬ちゃん を想像する

おおまりなのでした。


150203blog5.jpg
 こまりです。  節分ということで、ドライ納豆を 10粒 いただきました。
納豆はいつも食べているんですけどね。10粒 というのが 特別らしいですよ。
母さまは、落花生をいっぱい食べて胸やけしたらしいです。




ボタンも押せるかも? な こまりちゃん
↓ポチッと 応援よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック