2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

全身全霊

kage

2015/02/09 (Mon)

2/5 「なぜその病院へ行ったか」 の続きです。


家での耳掃除点耳薬 外耳炎の治療も順調に進み、

正月休みも明け、 近所の医院にもどっての診察。
外耳の炎症は引いており、診察台で小毬も落ち着いていました。
部屋を暗くし 医師は少し後ろに離れ、二本の鉗子をチン! と合わせました。
その音に小毬は 振り向きました!

かなり耳が遠いといった状況ですが、当初よりは聞こえてきているようです。

両耳がいきなり聞こえなくなるということは、脳や神経(感音器官)のトラブルの可能性がありますが、
小毬の場合そもそも、家に来たときにすでに片耳が聞こえていなかった可能性もあります。
それまで掃除なんてしたこともなかった耳。
かなり外耳炎をこじらせたあとがあり、 治療にもしばらくかかりました。

そして、他には(一見)変わった様子のない小毬をみて、原因はわからないけれど、今後の異変には注意しながらいきましょう ということになりました。


 
聞こえない以外に病的な変化はありませんでしたが、 聞こえないことによる影響はありました。

急な変化に あれ? なんか変だな どうすればいいのかな と不安だったのでしょう。
数日は おどおどした顔つきで、少し元気がないようにもみえました。
母の姿が見えないことが不安で後追いが増えました。トイレなどでちょっと部屋を出ようすると怒ったように泣くことも。


以前は
150209blog.jpg
(2014年1月父撮影)
母の帰宅、 車の音に 窓に駆け寄る。
キュンキュン鳴く声がガレージまで聞こえました。 大はしゃぎで、くるくる回りながら迎えてくれました。
こんな姿が見られなくなりました。
逆に、帰宅ではなく外出時に悲しそうに鳴くのです。 


しかし
犬というのは人間よりずっと置かれた状況に適応が早いようです。

人間のように 「これからどうなるの?」 と憂えたり
いつまでも 「なんでこうなっちゃったんだろう」 とくよくよしたり
「他犬とくらべてわたしはだめだめだぁ」 などと落ち込むこともない。

早々に 残された感覚機能 目鼻などをフルに活用することへ切り替え、淡々としたものです。


150209blog2.jpg


小毬ちゃんは、今日も 元気いっぱい、台所の母の様子をうかがい、 動きを眼で追い 鼻を利かせて
全身全霊をかたむけて 常に食べ物にありつこうとしています。


年末からの耳の話の顛末はこれまで。
まつわるエピソードなどは思いついたときに また書きます。


こまりです。
美味しいものには アンテナ張って
出遅れてなるまじ! ですよ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

kage

アンテナを、張り巡らせているこまりちゃん。。
おおまりさん、だんまりさんの「香り」があれば、
安心して生活出来ると思います。
「バイオチャレンジ」、という小動物環境洗浄剤を使い始めたら、外耳炎を頻発していたちゃこですが、
全く発症しなくなりました。
口周りや、お顔にも使えました。
私も、左耳が聞こえませんが徐々に慣れてきました。
鼻が利くので、食欲旺盛でこまりものです。。

Posted at 05:53:41 2015/02/10 by ちゃこ母

この記事へのコメント

kage

ちゃこ母 さん

バイオチャレンジはちょっと使っていました。
ネットでの評判もよいみたいですが、効果や成分表示などちょっと疑問に思うことがありまして、動物の体に直接はなんか怖いかなぁ・・。
ちゃこちゃんにも効果があったのですね。

食欲旺盛、それは困りましたね(笑)

Posted at 18:59:24 2015/02/10 by おおまり

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック