2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

手厚い看護?

kage

2015/04/01 (Wed)

おおまり、風邪を引きまして。
熱が出たので仕事を早退。

こんなときは、ナース小毬ちゃんのやさしさがなによりの薬。

布団を敷くと喜んで乗ってくる小毬ちゃん。

「よしよし、母さんと一緒にねんねしようね~」

ところが
今日は早々に立ち去っていきます。

そのとき、おおまりの熱が37.8度

150401k2.jpg


その後、
解熱剤で37度を切ったらば、今度は居てくれました。


自分なんか 38度超のくせに 
こっちはそれよりは低いというのに勝手なものです。

いつもより鼻の辺りもよく舐めてくれます。
鼻水がしょっぱくて美味しいのでしょうか。

咳をすれば もれなくやってきて
容赦なく首を踏みつけながら行ったり来たり。
トドメにグ〜ッと喉を押して去っていきます。

だんまりさんは
「咳をすると、なんか楽しそうだなーって思うのかな」
ああ、それ、当たってるかも。


ナース小毬 の 手厚い手荒い看護
ありがたいことです。
早くよくならなければなりません。

150401k3.jpg
 (今日はだんまりさんが散歩 行ってくれました)



可愛い顔に騙されていますが 

本心は


なんか今日 暑苦しいわー
寝てばっかおらんで、早よ飯つくれや
150401k.jpg

・・・なのでしょうか。


↓ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック