2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

お葬式の話をしよう 2 ~物よりも人~

kage

2015/05/23 (Sat)

前回の続き。

お参りをしてくださる方の相手をしながら、葬儀社の人と打ち合わせを進めます。

150523hana.jpg
   2008/5/30 下野草

会場はあらかじめ決めてあった寺で、 古くからの付き合いの葬儀社プロデュース という形で。


祭壇、棺、 霊柩車選び
遺影にする写真の用意。


予想される列席者の数から会葬御礼の品と数。
町内に出す送迎バスの台数と時間。
早めに来る方にお出しするお菓子や受付の手配。


その間、だんまりんさんはずっと仕事をしていて、打ち合わせに参加できず、

「テキトーにやっといて」  
「・・・テキトーでいいんかい!」


ほとんどをおおまりが決めることに。

うむむ・・迷っている暇はない!


150523k.jpg
 どんどん いきましょう!


難しいのは 物よりも人のこと。


親族席に座る人の選定。
焼香順
供花の会場での並び順 電報を読み上げる順番

要するに序列的なことで、
これらを決めるのに、なかなかのプレッシャーがかかります。


とにかく(当然ですが)普段とはまったく違うことばかりで、
緊張で頭が痛くなりました。


150523n.jpg
 イレギュラーなことはワタシも苦手です


義父母は準備がよく、
会場であるお寺の予約や、写真と共に、友人親戚などの連絡すべき人リストを書き出しておいてくれましたので、助かりました。



さて、
愛知県では、通夜などに別途にお菓子やお酒など食べ物を持参する風習があります。
「お淋し見舞い」(おさみしみまい) と言うのですが、これは、おおまりには耳新しい言葉でした。

亡くなった当日に夕食を差し入れていただき、買い物や食事の支度などしていられませんから、大変ありがたかったです。



こんな風で、
小毬ちゃんは、私達がいつもとはかなり違う動きをし、留守も長く、ご飯の時間なども大幅にずれこみましたから、

一段落したころに撮った写真でも・・・
疑い深く、なかなか目をを合わせてくれませんでした。

150523k2.jpg
 お耳ギュッ、目もギョロン としちゃうデス


次回は 「湯灌の儀」


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↓ポチッとしてくだされば、幸いです。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック