2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ドヨ~ンとしてはいられない

kage

2015/07/16 (Thu)

先週の土曜日(11日)は動物病院へ行ってきた小毬ちゃん。
(朝には頻尿と血尿も出ていました。)

顕鏡下で
細菌(桿菌)がうじゃうじゃいたそうです。

150712k3.jpg
  うじゃうじゃ いたんです



以下・・
今日決算の一部と給料計算が終わって書いていたら長くなっちゃったので、

かいつまんで言えば

家が汚いんじゃないかと言われ、ムッとして 
でも前向きエネルギーに変えて お掃除がんばった って話。
 

です。

150716k.jpg
  長いんですって







今度こそと思っていたのに たった5日での再発で
先生もちょっと困惑している様子。

言葉を選びながらも
環境的な要因ではないかと。
小毬ちゃんの尻周りや環境に・・・

要するに家が汚いんじゃないかって言いたいわけね。




これにはさすが(?)の私もちょっとむっとしましたよ。
そりゃ、わー綺麗!と言える家ではないが、
自分たちのことはともかく、小毬ちゃんの環境にはそれなり、どころか
特に小毬ちゃんが膀胱炎になってからは十分気をつけているつもり。

オムツはシッコもれてなくても一日5~6回は交換している。
小毬ちゃんの陰部尻周りも 散歩後、オムツ交換の度に マスキン水で拭く。


「ですよね~」

150716k3.jpg
 よく拭かれます




また
「病院へ連れて行ってませんか?」 と


「病院」というのは・・我が家は外科胃腸科の開業医。(おおまりは薬剤師)

そこでの(小毬ちゃんの)感染を疑っているわけですね。
そりゃあもちろん、小毬ちゃんの可愛さをスタッフに見せに(笑) 抱っこで連れて行ったことは何度かありますが・・


この仕事、いろんな菌やらウィルスにさらされる機会が圧倒的に多いわけで・・

夜間休日対応、スタッフ休みのときはおおまりが外来手術の手伝いもするので、
血液やら排泄物やらいろ~んなものにまみれてますからね。でもそれを言ったら獣医さんだって同じじゃないですか?
院内やその後の衛生的な処理には十分気をつけていま(当然です!!)・・・これも(獣医さんも)同じでしょ?




「・・・ですよね~」

なんて、書いてみましたが
実際は↑の十分の一も言い返せてないです。

「はぁ 、まぁ 気をつけてるつもりですが」 とか
「いろんなものを持ち帰っている可能性はなきにしもあらずですが・・」
くらい。

150716k4.jpg


いわば同業者として、先生の気持ちはよくわかります。
なんとかこれという原因を見つけて理屈で解決したい。

でもね、先生、生き物のことだから理屈どおりいかないこともあるのではないですか?
原因はわからないかもしれませんが、なんとか小毬ちゃんを見捨てないでいただきたいです。



とりあえずはオーグメンチン2週間分処方。
詳しい先生に相談もしてくださるそうで、
細菌培養⇒同定の結果を見てまた方針を考えましょうということになりました。



会計時、受付のお姉さんに
ちなみにここの動物病院では消毒に何を使っているかなんて聞きながら、ついでにちょっと愚痴ったところ 「環境よりも体質的なものが大きいと思いますよ」
と言ってもらい ちょっとは気が晴れたおおまりなのでした。





そんなこんなで、帰りの車の中ではドヨ~ンとしていたおおまりですが、
信号二つくらい過ぎたら、 

よーし! きれいにしてやる!!


一旦家に帰り小毬ちゃんに薬を飲ませたら、ドラッグストアへGO!

買った買った!
とりあえずアルコールクエン酸等で床も消毒
150712k4.jpg


「バイオチャレンジ」もまた注文した。


そして日曜、

小毬ちゃんを洗い、
150712k.jpg


また 床を念入りに掃除。


座布団カバーも中身も洗った。
150712k5.jpg


夏掛け布団も洗った。
150712k2.jpg



コルクマットも廊下のタイルカーペットも洗った(全部は無理だけど毎日幾枚かずつ)

スリッパ、敷物類
とひかく洗えるものは洗い、干せるものは干し

朝から晩まで仕事の合間に洗っては干した。


(火曜まで)晴れてよかった!
お日さま、ありがとう!!



どよ~ん
とした気持ちも少し晴れました。





おまけ

とばっちりは だんまりさんにも。

やれ 座って屁をこくな 

だの

尻をボリボリ掻くな 

だの・・・

150716k2.jpg
  父さま・・母さま なんか張り切ってますよね


ちょっと間が空いての更新・・いやほんと長くてすみません。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 19:09:27 2015/07/16 by

この記事へのコメント

kage

おぉ〜☆
おおまりさん、すごくすごく頑張られましたね!(笑)
母は強し^_^
小毬ちゃんの膀胱炎、再発の頻度が減りますように。
原因が分からないと本当悩みますよね、獣医さんは原因が分からないとすぐに諦めてしまう事がありますし(私の偏見かもしれませんが)。

ブログが長いのは私にとっては嬉しいでーす!小毬ちゃんのカワイイ姿がたくさん見れるのでウハウハですよ。

Posted at 22:44:44 2015/07/16 by パグ人

この記事へのコメント

kage

症状一緒ですね。
エリも1年ぐらい膀胱炎です。
こちらは治らないとあきらめてますので
今より悪くならないよう気を付けてます。
今度の土曜日、また病院に行ってきます。

Posted at 00:58:29 2015/07/17 by エリザベス

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 08:52:19 2015/07/17 by

この記事へのコメント

kage

すごいすごいっ!

徹底してお掃除されたんですね。
すごいです。大変だったでしょう~。
こまりちゃんの、ちょっと困ったような
いろんな表情が可愛いです。
寝ている姿は、猫の ” ごめん寝 ” みたい。

こまりちゃん、早く治りますように…!

Posted at 08:55:49 2015/07/17 by chiko*pippi

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 12:26:43 2015/07/17 by

この記事へのコメント

kage

鍵コメさんが3つありますので、書き込み順に1,2,3 とさせていただきますね。

Posted at 21:49:16 2015/07/17 by おおまり

この記事へのコメント

kage

鍵コメ1さん

実は そのニオイ、私も感じておりましたよ。

Posted at 21:52:39 2015/07/17 by おおまり

この記事へのコメント

kage

パグ人 さん

考えてこんでいるより、動いていたほうが気が紛れるってのもあります。

獣医さんの守備範囲は広くて大変そうではありますね。
こちらの希望や方針はきっちり伝えて、よい関係を築いていきたいです。

だんまりさんにはよく「長え~よ」とダメ出しされるんですよ~。



Posted at 22:07:15 2015/07/17 by おおまり

この記事へのコメント

kage

エリザベス さん

お返事が遅くなってすみません。

エリさんも長いんですね。
小毬もかれこれ、一年になろうとしています。
そうですね、これより悪くならないように気をつけていくことが大事ですね。
小毬の場合も完治というのはないような気がしますが
(適度に)きれいに、栄養をつけて楽しくすごす、が大事かと思っています。


今日が通院日ですね。
(お互い)お大事に です。

Posted at 09:10:43 2015/07/18 by おおまり

この記事へのコメント

kage

chiko*pippi さん

お返事がおそくなってすみません。
慣れない掃除で(笑)疲れて、台風もきていることだしということで、一休みです。
これからもボチボチいきます。
小毬はだんだんといろんな表情をみせてくれるようになりました。
猫さん、「ごめん寝」 と言うんですね、かわいいい♪
猫さんは体が柔らかいからいろんな格好をしますね。
パグも柴犬よりずいぶん体が柔らかいですよ。

ありがとうございます。
薬を飲むとすぐに症状はおさまり、本犬は元気そのものなんです。
完治はむずかしかもしれませんが、できることをやっていきます。

Posted at 09:19:00 2015/07/18 by おおまり

この記事へのコメント

kage

鍵コメ2さん

駄目ではありませんよ。
それぞれにいいところがあります。

すみません。レスの順序が前後してしまいました。

Posted at 09:25:35 2015/07/18 by おおまり

この記事へのコメント

kage

鍵コメ3さん

一頭一頭、また飼い主の事情や環境なども違うことです。
申し訳ありませんが、安易に私の意見を述べることはできません。

人間の場合ですが
http://www.kansensho.or.jp/mrsa/100913publicqa.html
に一般的な情報があります(もう調べられているかな?)



ウチもですが、愛犬が少しでも快適にすごせるよう、なんとか方策がみつかるとよいですね。

Posted at 09:35:23 2015/07/18 by おおまり

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 16:12:02 2015/07/18 by

この記事へのコメント

kage

鍵コメさん

ご心配ですね。
心中お察しいたし、こちらも心が痛みます。


愛犬がどういう状態なのか詳しい事もわからないので、安易には申し上げられないのですが、

抗生剤の選択という点では打つ手はないのかもしれませんが

これも一般的な話ですが・・
ある程度清潔にし、水分の摂取。適度な運動。
免疫力を上げるために サプリメントなどもいいと思いますし
栄養のある美味しいものを食べて(心の栄養にも)楽しく生活
これを我が家も心がけていきたいです。


医学も日々進歩しています。
新しい薬や治療法がみつかるかもしれません。

生き物の力って未知の部分も大きいから、いつの間にか細菌に打ち勝つかもしれません。

バイオチャレンジに関しては、安全性が確立されていないという話もあります。
ですので、私は動物に直接は使いません。

清潔という点についてはキリがないですし、あまりに清潔にしすぎても抵抗力がなくなるという・・
なかなか難しいところですね。

これからもブログにて報告していきますので
少しでも参考になれば幸いです。

Posted at 17:52:21 2015/07/18 by おおまり

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック