2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

膀胱炎の記録

kage

2015/08/02 (Sun)

少し間があいてしまいました。

おおまりは
大したことはないですが、夏バテ?
アレルギーなのかドライアイなのか目が痛かったり
ほんのちょっとだけど、何に引っ掛けたのか中指の爪をはがしてしまいました。

いずれも大したことはないのですが、おおまりのやる気のなさの方は重症です。


なでしこに続いてサッカー 負けてしまったし・・


150802k.jpg



そんななか、今朝は一層早起きして小毬ちゃんも一緒に墓参りに行ってきました。
草がかなり生えていました。
のんちゃんは私がお墓の掃除などをする間、のん父さんとその辺の散歩をけっこう楽しんでいるようでしたが、
小毬ちゃんは母にくっついていたいばかりで、草刈鎌など持っていたら危ない危ない。




さて、
ここからは膀胱炎のこと。


先々週金曜(7/24)受診

7/11の尿検査結果
普通の大腸菌のみで、ベータラクタマーゼ産生大腸菌は検出せず。
今回は糸状菌培養も出したが、検出せず。

7/24の結果
尿に細菌もおらずエコーも問題なし。

ドクターの提案はもう2週間オーグメンチン投薬でしたが

今回原因が耐性菌ではなかったこと、前回8週間投与しても中5日で再発してしまったことなどから、私としてはあまり長い抗生剤投与がいやだったため、打ちきりを申し出ました。
それでまたすぐ再発しても そのときはそのときだ! と。


待合室で
150802k2.jpg
 これは 診察ではなくセミナーに参加したときのもの(セミナーについては後日記事にする予定)



そしたら


「そのとき」 に なっちゃいました・・・・・・


やはり5日後(7/29)に尿ににごりと悪臭潜血。
夕方尿も採取できないまま受診。


こうも繰り返す膀胱炎に先生も頭をかかえつつも 「あきらめずに頑張りましょう!」と。

短期間の再発、尿漏れもあることなどから、どこかに尿がたまって残りやすい憩室があるとも考えられますが、
何度も入念に撮っているエコー(かなり鮮明な器械です)では問題なし。

細菌が膜を張って潜んでいることもあるということで、オーグメンチンを今までの1.5倍量(1.5錠を一日2回)で、とりあえず2週間。

高濃度で叩く作戦です。


今回、小毬ちゃんの陰部は谷折状にたたみ込まれていて、周りに汚れがたまりやすいことが判明。
オムツをしていなければ自分で舐めていたのでしょうが、できないため、肛門腺がたまってないのによく「お尻歩き」をしていました。
それが直ちに膀胱炎の原因となるわけではありませんが、(病院で見本を見せてもらい)水道水もしくは婦人科用マスキン水で湿したコットンで拭くことにしました。
そうしたところ、お尻歩きが収まりました。


いつもですが、薬はたちどころに効き、小毬ちゃんはいたって元気です。

150802k3.jpg

薬はやはり「チーズ蒸しケーキ」に包むのが失敗がないです。
小分けにして冷凍し、ちょっと解凍したくらいがまた美味しそうです。

お薬はうまうま〜 の小毬ちゃんにとっては、
量(数)が増えてうはうは〜 みたいですよ。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック