2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

断端部膿瘍(?)について③ いったいどこから?

kage

2017/01/04 (Wed)

に続いて

抗生剤変更が効いたのか、膀胱炎は治まった。

そして、オーグメンチン投与中から出ていた腟からの膿も。

抗生剤をやめても膀胱炎は再発しないようだ。
しかし、しばらくすると数日置きに腟から膿が出てきて、洗浄やマメなオムツ交換でしのぐも限界があり
膿が出る頻度も膿の量や濃さも上がりついには膀胱炎になる。

それを訴えるも 獣医師には膿の方はスルーされている?


今度は腟からの膿をウチで検査に出してみた。
尿とは違う菌も幾種類か出ていた。

そしてそれは セファレキシン有効であった。


確かに腟は炎症を起こしている様子もない
しかし間歇的になにか液体が出てきて、それが感染を起こしている。

さて、いったいどこから出ているのか?

腟でないとすればその奥から出てきている。
子宮断端部に何かあるのではないか

いろいろと調べたり、だんまりさんにも聞いてみた
 
考えられるのは 

卵巣の取り残し 
子宮組織が残っており炎症
残糸膿瘍

あたり


それらは即座に否定された

エコーではなにも写っていないという理由で

とにかく洗っておいてください と

続きます



170104k.jpg
こまりです
ときどき おしりがきもちわるいけど かあさまが あらってくれます
おりこうにあらってもらって ごほうびもらいます



↓ ポチッと お願いします
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


 

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック