2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

夜中のギュー

kage

2017/01/12 (Thu)

夜中に起きちゃう小毬ちゃん⇒12/29の記事 

その後
ステロイドの量を一段落として少しはましになるかと思いきや イヤイヤどうして
ひどいときには 2時 3時 4時 うんこ しっこ うんこ といった具合。

出ますと まあ張り切っていちいち報告にくる小毬ちゃん。
静かにいたしてくれれば良いのですが
起きられずにいると ワン! ワン! 吠えるのです。

そんな夜が続き だんまりさんまでが目を覚ましてしまい、
さすがに翌日の仕事に響く、と
もともと別の部屋で寝ていたのですが さらに別の場所へ避難してもらいました。

これは何とかせないかん。

このまま寝不足続きではおおまりだってまいっちゃう

どうしたものかと 
いつものように起き吠え出した小毬ちゃんを布団に入れぎゅーっとしばらく抱きしめていたところ、 
布団のなかでしばらく考えてから自分の寝床に戻っていきました。
その夜は、吠えそうになるとそれを繰り返しました。

そうしたところ
なんと翌日から吠えなくなったのです。
静かに枕元でおおまりを舐めたりつついたり圧力をかけてきますが、 
あくまで静かに。

実は小毬ちゃんは人にくっつくのはいいけれど、抱っこは嫌いなのです。
これは 多分一般的な犬のしつけとしては とんでもないやり方でしょうが結果オーライ?


その話をして
めでたくだんまりさんも戻ってきました。

「こまりちゃんはかしこいからな~ かなりかしこいからな~」



昨夜は何時頃うんちをしたのかわかりませんでしたが 気が付くと私のふとんにもぐっており、

目を覚まし 時計を見ると5時半! やった~


こんなに寝たのは久しぶりです。



今のフード「アミノペプチドフォーミュラ」
腹持ちが悪いうえに ポロポロと固いうんちを小分けして出すシステム?

サプリメントを使っても尿はアルカリ寄りだし
小毬ちゃんの場合、肉のトッピングあった方が尿の酸性化には断然効果ありなんだけどなー
このままこのフードオンリーでいかなきゃならないのかなぁ

だんまりさんが言います
「こまりちゃんにもっとおいしいものを食べさせたいなー」

それはおおいに私もそう思う

食べさせられるものがみつかるといいな~
少しずつ粘り強く先生に言ってみようかな 

ああ エネルギー要るなあ・・




こまりです
170112k.jpg

さむくて
170112k2.jpg

はなたれ に 
170112k3.jpg
なっちゃった



こまりちゃんが いろいろ食べられるように
↓ 応援よろしくお願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

kage

こんにちは
コメントどうもありがとうございました

小毬さん、小さな体で頑張ってますよね
うちのコの頭の大きさぐらいかも・・・なんて思っちゃいます
食べたいモノが食べられないのは本当に辛い
それがワンコなら尚更ですよね
“食う寝る遊ぶ”が全てなんですから
好きなモノお腹いっぱい食べて欲しい
でもその後に辛い目にあうかもっていうジレンマ
何か一つでも美味しいものが食べられて、賞状が悪化しません様に
小毬さん、応援してますね

Posted at 11:42:05 2017/01/13 by ジョジョボ

この記事へのコメント

kage

こんにちは!
先日は久々の投稿にコメントをありがとうございました
三枚目の画像の小毬ちゃん、ベロンチョがハートみたいで可愛い(*^_^*)

さかのぼって読ませて頂きましたが、闘病されていたのですね
画像で見る小毬ちゃんは、実年齢より若々しく
とても元気そうに見えるのですが…

一体何をどうすればこの子のためにベストなのかと…
自らどうして欲しいと伝える術を持たない子の病気
私も先代で体験しましたが、本当に悩ましく途方に暮れることが多かったです

獣医さんとも相談しつつ、今の小毬ちゃんに合うごはんが見つかること
小毬ちゃんの今ある症状が少しずつ改善されること
微力ではありますが、祈っております!

Posted at 12:32:33 2017/01/13 by パグコ

この記事へのコメント

kage

うちのワンコと同じ

はじめまして。

我が家のボステリも、血液検査の時にはいつも低たんぱく症でした。
それが最近、自己免疫で腸を痛めてしまう難病であると知りました。

保護犬で我が家に来た時から7年目、下痢ばかりの子でそれがここ数ヶ月で
嘔吐、泥水みたいな下痢が酷く続いて、ガリガリに痩せてしまいました。

小毬ちゃんも頑張っているのですね
本当に食べてくれないのが困りますね、今日は何か口にしてくれるといいなぁ
の毎日です。

お互い寝不足になることも多いとは思いますが、頑張りましょう。

Posted at 14:40:49 2017/01/13 by ak-joyful(スパーキーのママ)

この記事へのコメント

kage

ジョジョボ さん

ありがとうございます。
小毬はちょっと小柄なパグでが最近またちょっと小さくなっちゃいました。ジョジョさんと並んでみたいです。

食欲もあってみかけは元気なんですが、犬はギリギリまで我慢しますからわからないですね。

腹いっぱい美味しいものを食べさせたいですねぇ

私も小毬と一緒に、ジョジョさんを応援してますね

Posted at 20:13:54 2017/01/13 by おおまり

この記事へのコメント

kage

パグコ さん

こんばんは~
久々に元気なもなかちゃんに会えてよかったです。

なんか病気が次々出てきちゃって。
そうなんです。見かけは元気そのもので。
今後検査や治療をしていくにあたって、ほぼ心は決まっているつもりなのですが、それでもいざ症状が出てきたり獣医さんにいろいろ言われたりしたら、わからないなあ
ほんと、小毬ちゃんがどうしたいか言ってくれればいいのにね。

一日一日大切にすごしていきたいです。

Posted at 20:25:12 2017/01/13 by おおまり

この記事へのコメント

kage

スパーキーのママ さん

はじめまして

スパーキー君のブログ、最近の記事ですが拝見しました。
またゆっくりじっくり伺いますね。
毎日のこと、食べてくれない、食べても下ってしまうのは辛いですね。

小毬は家にきたときからずっとアルブミンがかなり低かったのですが、不思議と見かけの症状としては全くなくて、昨年くらいからすこしずつ あれ? と思うことが出てきました。
確定診断は出ていないのですが、やはり免疫が関わっている可能性もあるということで、今のフードで様子をみているところです。
この病気は治るというものではないようですね。
飼い主としてはとにかく辛い症状は少しでも防いで取り除いてやりたいですね。

同じような病気の方からのコメント、とてもうれしいです。

頑張りましょう!

Posted at 20:42:24 2017/01/13 by おおまり

この記事へのコメント

kage

とても参考になるPLE DOGSFORUMのサイトありがとうございます。
病院で心電図を摂ってもらった時の医師の話では
このサイトに載っているような説明を受けました。消化管粘膜などにあるリンパ管が拡張してしまうからタンパク質が吸収できないとの事でした。
前庭疾患とは言われませんでした。

このサイトに食事のことも詳しく載っているのが参考になりますね
もっと、詳しく読ませて頂きたいと思います。

完治する病気でない様なので、うまく付き合えるように
良くなっても、これ以上悪くしないように
教えて頂いたサイト使わせて頂きます。

今日はこちらも雪空になって来ていて、すごーく寒いです

ありがとうございます。



Posted at 14:48:47 2017/01/14 by ak-joyful(スパーキーのママ)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック