2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

PLE と胆嚢粘液嚢腫の検査通院 前に進もう

kage

2017/04/04 (Tue)

PLE(蛋白漏出性腸炎)の定期検査と胆嚢粘液嚢腫の診察のため動物病院へ。


超音波、採血が終わって待合室に戻ってきた小毬ちゃん、

緊張も解けてか ポロンポロンとうんpをしてしまいました。




いつも家でペットシーツに上手に出来たときには・・



 うんpでました ごほうびごほうび!



こまりちゃん・・

ちょと違う




さて、
まずは血液検査の結果です

170404kb3.jpg

アルブミンも正常値内まで上がり、腹膜炎の影響ももうないようです。

PLEのためのステロイド(プレドニゾロン)は1.0mgを一日1回投与に減薬。




170404kt2.jpg
 もうお腹も痛くないし いっぱい食べられますよ!


胆嚢のエコーは

170404kb5.jpg


胆嚢内にゼリー状の固まり 右上の黒い部分は胆汁が漏れ出した痕?
この様子からは もう(粘液嚢腫の)末期といえるそうです。

先日の腹膜炎も黄疸は出なかったものの、やはり胆嚢炎の可能性大。

近いうちに胆嚢摘出手術を。

胆嚢摘出自体は難しいものではありませんが、小毬ちゃんの場合腹膜炎を起こしていることから、肝臓との癒着が考えられ、それをはがすときの出血が心配です。
対応できる機器設備のある病院で手術をすることになりました。

今週中にそちらを受診します。


手術まで、体調管理しっかりしましょう。 飼い主共々。




夕方の散歩では
小毬ちゃんも届きそうなところに桜が♪

170404kt6.jpg





こまりです
今日は 疲れただろうと


170404kb4.jpg
 かあさまが早めにお布団を敷いてくれました

170404kb2.jpg
 おやすみなさいです


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック